警視庁物語 夜の野獣

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

惨殺死体を発見した警視庁捜査陣は、現場附近の聞込み、現場の検証に乗り出した。その結果、被害者のものと思われる血糊のついた財布、原っぱという現場に似合わない女物の財布、イアリング等が貴重な資料として発見され、それらを手掛りとして足の捜査行脚が始った。女物の財布は男娼が地下鉄内で掏られたもので、その男娼の証言からスリの顔も判ったが、翌日その男が明らかに他殺と思われる轢死体となって現われる始末だった。一方イアリングは有閑夫人が殺人現場で逢びき中に落したものであることが判明し、夫人はその時ルノーで走り去る男を見たという。捜査陣は苦心の末その車の運転手を発見した。そしてその運転手を頼りに、山村刑事は犯人と思われる若い男の情婦雪江のアパートを探り当てることが出来た。雪江を連行した捜査本部では、雪江の所持する時計は被害者が修理のため持出した妻の時計であることを確認、更に彼女のハンドバッグから犯人の写真を発見した。キメ手となる確証を得たが、雪江の口からは何も聞出すことが出来なかった。捜査本部に残された最後の手段は、雪江を釈放し犯人を誘い出すことだった。釈放された雪江の後をつけた山村、長田刑事は、遂に犯人のアジトと思われる平屋を探り当てた。必死になって拳銃を盲撃ちにし、逃げ廻る犯人も遂に弾丸つきて警官たちに逮捕された。


解説

東映の犯罪ものシリーズ“警視庁物語”の一篇。「肌色の月」の長谷川公之の脚本により、「天狗街道」の小沢茂弘が監督、「少年探偵団・第二部 夜光の魔人」の福島宏が撮影した。主演は「満月乙女笠」の堀雄二、「どたんば」の波島進、神田隆、加藤嘉、風見章子、「ジェット機出動 第101航空基地」の小宮光江、それに浜田百合子など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年12月22日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
松本克平捜査第一課長
神田隆主任警部
堀雄二長田部長刑事
波島進山村刑事
花澤徳衛林刑事
山本麟一金子刑事
外野村晋早津刑事
石島房太郎渡辺刑事
片山滉第二現場の医師
菅沼正刑事A
滝謙太郎刑事B
加藤嘉捜査第三課野本部長刑事
山本緑ビジネス・ガール風の女(婦人警官)
生信賢三所轄署制服警官
岩上瑛警察病院に入院中の警官
萩原満交通巡査
関山耕司背の高い吸取役の男(犯人)
小宮光江細野雪江
中村是好横田小吉
潮健児集団スリA
瀬川純集団スリB
日尾孝司集団スリC
織本順吉 (Junkichi Orimoto)集団スリ(逃した男)
千石規子 (Noriko Sengoku)女スリ(唖)
稲葉義男男スリ
小島洋々紳士風のスリ
大村文武チンピラ
牧野狂介山田栄三
風見章子山田栄三の妻
南川直大田毛織社員A
増田順二大田毛織社員B
高原秀麿大田毛織社員C
真藤孝行犬を連れてた子供
東野英治郎 (Eijiro Tono)時計屋の主人
須藤健秋葉修造
浜田百合子 (Yuriko Hamada)妻広子
田口耕平木村秀三
軽部昭二男娼
大東良運転手A
最上遊馬運転手B
清村耕次運転手C
富田仲次郎運転手(痣のある男)D
皆川一郎運転手E
朝比奈浩タクシー会社の事務員
岩城力運転手A
岡部正純運転手B
中山暁夫運転手C
滝島孝二運転手D
長島隆一阿部三郎(ルノーの運転手)
吉川英蘭アパートの管理人
奈良あけみ踊子
阿部九洲男山科
三戸部スエ初老の女
宮田悦子女給仕
美鈴れい子交換嬢
広神昇一トヨペットの運転手
北峯有二支那ソバ屋の若衆
近衛秀子煙草屋の婆さん
久保一捜査本部・制服警官
小塚十紀雄被害者紳士風
志摩栄被害者商人風
霞凉二集団スリD
高田博集団スリE
豊野弥八郎集団スリF
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック