赤穂義士(1957)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

元禄十四年、千代田城松の廊下で、浅野内匠頭は上野介に刃傷に及び、切腹を申し渡され、お家は断絶となった。赤穂城明渡しの最後まで城に残った五十六名の同志に、大石内蔵助は復讐の連判状を示した。町人ながら天野屋利兵衛は家を捨てて主君に殉じようとした。内蔵助は彼には復讐の意図を隠そうとしたが、利兵衛は内蔵助の本心を読みとった。自害した矢頭長助の子、右衛門七も許婚を振り切り城へ駈けつけた。内蔵助は山科で連夜の大尽遊びを始めた。敵を欺く計画と信じて利兵衛はその金を調達した。しかし、たわむれに抜いた刀の赤錆びを見て、利兵衛は大石を責めた。武士の魂の刀が錆びては、大石の魂も?が、大石は彼に太夫の身請金の借用証として封書を手渡した。それを吉良の間謀半太夫が盗見ようとした時、大阪奉行河内守が扇子を投げてさまたげた。彼は大石の心を知り、大石一派に同情していた。半太夫は利兵衛の帰途を襲い、封書を奪おうとした。大石の命を受けた右衛門七と安兵衛が駈けつけ、彼を救った。封書には討入りの武器用具一式が記されていた。利兵衛は右衛門七と共に用具作りに取り掛った。が、注文先の職人の口から禁制の武具のことが奉行所に知れ、利兵衛は召捕られた。−−日夜の拷問。我が子芳松が眼前で灼熱した鉄板の上を歩かされる。利兵衛はそれをわずかに耐えた。そして言った、「天野屋利兵衛は男でござる……」彼が顔をそむけ「芳松、死んでくれ!」と叫んだ時、たまりかねた妻のおそのが大石に頼まれたと訴えた。が、河内守はおそのを乱心者として退け、利兵衛一家を救った。−−十二月十四日がきた。大石は瑶泉院を訪れたが、腰元の中に敵の間諜がいるのを見抜き、何も告げずに、一通の書状を残して立去った。書状によって討入りを知った瑶泉院、それに利兵衛らの祈りに包まれ、四十七士は降りしきる雪をついて吉良邸めざして、粛々と進んでいった。


解説

春日井梅鴬、天津羽衣、春野百合子、松平国十郎らの浪曲につれて繰りひろげる忠臣蔵。「風雲黒潮丸 完結篇 南海の若武者」の尾形十三雄の脚本により、「逢いたいなァあの人に」の伊賀山正光が監督、「雪姫七変化」の杉田正二が撮影した。主演は「ジェット機出動 第101航空基地」の月形龍之介、「竜虎捕物陣一番手柄 百万両秘面」の伏見扇太郎、尾上鯉之助、喜多川千鶴、「朝晴れ鷹」の大河内傳次郎、それに丘さとみ。


配給東映
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年12月08日より



キャスト

俳優名役名
月形龍之介天野屋利兵衛
伏見扇太郎矢頭右衛門七
尾上鯉之助浅野内匠頭
大河内傳次郎大石内蔵助
喜多川千鶴おその
植木千恵芳松
片岡裕美おちよ
吉田義夫吉良上野介
沢村宗之助片岡源五右衛門
若水美子瑶泉院
八汐路佳子戸田の局
長島隆一伝助
丘さとみお文
石丸勝也仙庵
立松晃堀部安兵衛
有馬宏治大野九郎兵衛
明石潮矢頭長助
梅沢昇吉田忠左衛門
遠山恭二間重次郎
原京市神崎与五郎
清川荘司和久半太夫
高松錦之助藤原清国
石井一雄 (Kazuo Ishii)武林唯七
薄田研二松野河内守
団徳麿八蔵
山口勇ジャンガラの弥十
加藤浩権太
大文字秀介助七
七条友里子腰元紅梅
石井麗子お竹
杉狂児そばや久兵衛
富久井一朗久吉
赤木春恵おかね
太田優子おすぎ
星十郎山城屋庄造
沢田清浪花屋善吉
伊東辰英松原宇平
堀正夫岩井十太夫
岸田一夫岩太
中村時之介富三
桜町公子お町
牧宏樹梶川与惣兵衛
五味勝之介脇坂淡路守
水野浩伊達伊織
近江雄二郎寺坂吉右衛門
矢奈木邦二郎堀部弥兵衛
立花伸介大石主税
若井緑郎赤垣源蔵
千舟しづか浮橋
村井京二郎牢役人
下川護牢役人
島田秀雄牢役人
不二和子天野屋の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック