心と肉体の旅

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東洋撮影所ニュー・フェース受験のため、直美とルリ子は九州から上京した。東京駅で二人を出迎えたのは、直美の父雄三が社長をしている稲村興産の東京支社長志賀と、雄三のかつての愛人双葉だった。志賀は学生の頃から雄三に目をかけられ、稲村家では家族同様に扱われていた。数日後、ニュー・フェースの審査が行われたが、パスしたのは直美だけだった。やがて直美の両親も上京、直実は義母から竹内産業の若社長竹内にひきあわされた。直美の知的な美しさに惹かれた竹内は間もなく求婚した。一方、不合格となったルリ子は双葉が経営している「銀座クラブ」で彼女の世話になっていた。双葉からプロダクションを主宰している五十嵐を紹介されたルリ子は、三人で箱根にドライブしたが、その夜旅館で彼の甘言につられ貞操を失った。帰京後、ルリ子は仲間の女給マミ子の話を聞いて慄然とした。自分は双葉のために金で竹内という男に売られたが、あなたは五十嵐に売られたに違いないと云うのだ。その頃、直美は竹内と結婚する意志を固め、撮影所に辞表を提出していた。そのことを知ったルリ子は、電話で竹内がいかに品行の良くない男であるかを直美に告げた。マミ子に会い仔細を確かめた直美は、竹内との婚約を解消し、九州へ帰ることに決めた。当日、見送りに来た志賀に思慕の情をそれとなく訴えられたが、直美は、ルリ子が志賀を恋している、ルリ子を救うのは志賀しかいないと、自らの感情を押えて云った。そのルリ子は北海道に売られる寸前にあった。ルリ子を救った志賀は、彼女との結婚を知らせに山麓にある稲村の別荘を訪れた。しかも、志賀の大学の先輩、正宗監督が、直美主演で映画を撮りたがっていることも伝えた。困惑する直美に、「成功するとか、しないとか、そんなことより、自分の命を精一杯はき出すこと、それが尊いんですよ」と、志賀は、はげました。直美は、強く、明るくうなずくのだった。


解説

週刊アサヒ芸能連載の井上友一郎の原作を、舛田利雄が脚色し、彼自身が第一回作品として監督したメロドラマである。撮影は「殺したのは誰だ」の姫田真佐久が担当した。主演は「雌花」の南田洋子、「美徳のよろめき」の葉山良二。ほかに「童貞先生行状記」の中原早苗、「裸女と拳銃」の南寿美子、安井昌二、などの若手に、清水将夫、金子信雄、楠田薫らが助演する。


配給日活
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年01月09日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
南田洋子 (Yoko Minamida)稲村直美
中原早苗立花ルリ子
葉山良二志賀甲子郎
安井昌二 (Shoji Yasui)竹内
楠田薫新井双葉
植村謙二郎五十嵐
南寿美子島崎マミ子
清水将夫直美の父雄三
藤代鮎子直美の義母信子
金子信雄 (Nobuo Kaneko)正宗監督
西村晃遊び人風の男
小林重四郎所長
堺美紀子アパートの管理人
小泉郁之助箱根の医師
柳寿子箱根の看護婦
福田トヨ箱根の女中
深江章喜銀座クラブのバーテン
多摩桂子銀座クラブの女給A
渡規子銀座クラブの女給B
木城ゆかり銀座クラブの女給C
竹内洋子銀座クラブの女給D
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック