将軍家光と天下の彦左

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

三代将軍家光の治世−−天下は大平に馴れ、武士の間にもようやく武芸を軽んじる風潮がしのび込んで来た。これをもっとも憂いたのは、もちろん将軍家光と御存知天下の御意見番をもって自任する大久保彦左衛門であった。しかも悪家老鳥居左京亮は、家光を倒し駿河大納言を将軍に迎え、自己の欲望をとげようと奸計をめぐらしていた。まず手はじめに家光が尚武の気質あるのを奇貨として、朝倉筑後守を通じ、妖刀村正を献じ、こともあろうに家光に辻斬りの真似をさせたり、梅の名木を献上、家光にこの枝を折るものは死罪といい出させたり、つぎつぎと将軍骨抜きを計ったが、この奸計は彦左の忠言で打破られた。更に左京亮は、折から開かれた有名な寛永御前試合に、由比正雪と計って柳生飛騨守を失脚させ、将軍家の弱体を計らんとしたが、これも彦左にさえぎられた。ごうをにやした左京亮は、彦左を多忙な仕事につけ、手落ちを待っておとし入れようとしたが、かえってやり込められる始末、遂に最後の手段を取ることとなった。この頃、彦左は、大名と争った旗本の肩を持ち“たらい”に乗って登場したため家光の勘気にふれ、家にとじこもっていたが、これを知った松平伊豆守の知らせを受けると、“天下の一大事”とばかり、家康より拝領の陣羽織姿も勇ましく、忠僕一心太助などをひきいて、左京亮の屋敷に乗り込んだ−−。かくて奸臣朝倉らは切られ、左京亮は捕えられた。数日後、かたくなに登城をこばむ彦左の前に、家光は手をついて詑び、鷹狩りに誘った。やがて見合った家光と彦左の目には涙と笑が光っていた。


解説

西村俊一の原案を、内田弘三が脚本化した。監督には「ひばりが丘の対決」の中川信夫があたり、撮影は「続・若君漫遊記 金比羅利生剣」の平野好美が担当した。「人形佐七捕物帖 花嫁殺人魔」の若山富三郎、「新妻の実力行使」の古川緑波、「危し! 伊達六十二万石」の中山昭二が主演する。ほかに、宇津井健、天城竜太郎、明智十三郎、中村竜三郎などが助演している。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年12月28日より



スタッフ

監督
脚本
原案
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
中山昭二徳川家光
古川緑波大久保彦左衛門
国創典笹尾喜内
野崎善彦一心太助
明智十三郎松平伊豆守
九重京司柳生飛騨守
並木一路鳥居左京亮
中村彰朝倉筑後守
宗方祐二河村靭負
高村洋三山影三六
西一樹由比正雪
高松政雄水野十郎左衛門
杉山弘太郎近藤登之助
広瀬康治阿部四郎五郎
明日香実大目八郎
倉橋宏明池田三太夫
坂根正吾遠藤勘次郎
小浜幸夫松下孫六
葉山由起子お雪
千曲みどりお杉
秋山要之助小野治郎右衛門
宮浩一お坊主甲
真木裕お坊主乙
原田繁信大名甲
岡竜弘大名乙
佐山幸夫大名丙
宇津井健 (Ken Utsui)荒木又右衛門
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)宮本武蔵
若杉英二笹野権三郎
中村竜三郎金井半兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック