新婚七つの楽しみ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

“理想の夫、理想の妻”という街頭録音で知りあった南川悠一と中山康子は、一年後、めでたく結婚にゴールイン。友人から一晩だけ借りた車で新婚旅行に出かけた二人は、途中、エンコしたダットサンに行き合い、ガソリンの切れているのを見つけてやる。乗っていた大阪ものの新婚夫婦から「新婚には七つの楽しみがある」と教えられ、二人の胸が鳴る。さて嬉しい新婚旅行が終り、初出勤の悠一は新妻から三度も電話がかかってきてニンマリ。だが謹厳居士の竹中課長に睨まれ、しまいには受話器に向ってドナリつけるという始末。こんなわけで、デパートのネクタイ売場に勤めて共稼ぎしている康子と、有楽町で待合せたり、一日交替で家事当番をやるなど、新婚の楽しみをいろいろ味わっている。同じアパートに、例の大阪ものの夫婦が偶然引越してきて、そのチャッカリぶりにあきれたりもする二人だ。ある日、悠一の先輩、大寺三平がアパートにきて、ヤブから棒に「君の女房を一寸拝借したい」という。親父が郷里から縁談をもって上京するが、断わりの口実に恋人がいるといってしまい、困っているとのこと。二人は迷惑顔だが、三平は平気なもの。そこで翌日、悠一は三平の花嫁候補に、同じ会社の事務員三田慶子をつれてくる。聞けば以前から三平をひそかに慕っていたという。これで康子も一安心。やがて三平の親爺三五郎が上京、悠一・康子夫婦の骨折で、三平・慶子の仲もめでたくまとまった。


解説

「暖流(1957)」の白坂依志夫の脚本を「駐在所日記」の枝川弘が監督した新婚生活を描く明朗篇。撮影は「穴」の小林節雄。主演は、「東京の瞳」につづいて若尾文子、川崎敬三、船越英二、八潮悠子。ほかに藤田佳子、毛利郁子など。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年01月09日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
若尾文子 (Wakao Ayako)南川康子
川崎敬三南川悠一
船越英二大寺三平
沢村貞子中山あき
花布辰男中山甲介
伊東光一南川隆蔵
香住佐代子南川早苗
小川虎之助大寺三五郎
八潮悠子三田慶子
藤田佳子早田稲子
毛利郁子中川清美
鶴見丈二松井須磨夫
島ひろし不破数三郎
ミス・ワカサ不破徳子
渡辺鉄弥アパートの若い夫
小泉順子アパートの若い夫の妻
中村是好竹中課長
竹脇昌作 (Shosaku Takewaki)アナウンサー
島田裕司ドモリの学生
小田桐桂子女学生
此木透サラリーマン
花野富夫大学生
杉森麟ソフトの男
伊達正燐芋屋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック