七人の女掏摸

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸で表向き質屋を営む伊勢屋、実は浅草一帯を縄張りとする掏摸の親分平吉には、腕達者のおこま、おもん、おさい、おりき、おきた、おせん、おすみという七人の女掏摸がいた。このうちおこま、おもん、おさいの三人は平吉一家の跡目をねらって張り合っていた。ある日浪人伊藤秋之助の書付を狙おうとしたおこまとおもん。おこまは女巡礼およねに邪魔されて、手柄をおもんに奪われた。およねはおもんの母親で、かつて平吉の片腕であったが、平吉との間におもんをもうけ、堅気になろうとして平吉に追われたのだった。およねはおもんに堅気になってくれとたのむが、野心に目のくらんだおもんは耳に入れない。一方おさいは乾分銀次を色仕掛で味方につけ、おこまを陥れようとするが、平吉の息のかかっている目明し三吉にかぎつけられ、他国に売り飛ばされてしまう。その頃、おこまは酔どれに囲まれている所を秋之助に救われ、天真な彼の態度に惹きつけられる。平吉は自分の女房になって跡目を継げと迫るが、身をもって秋之助のもとに走るおこまだった。平吉は三吉に命じて秋之助を傷つけるが、彼は同心辻三之進に救われた。遂におせんは伊勢屋に乗り込んで平吉を殺すが、跡目を狙うおもんと三吉の争となり、おこまはおもんと共に座敷牢にとじこめられる。その時辻三之進、伊藤秋之助を先頭とする捕方が伊勢屋をとりかこむ。牢を破ったおこまは、秋之助とヒシとだきあうのだった。


解説

週刊サンケイに連載された小島政二郎原作「おこま」を映画化したもの。「喰いだおれ一代」の安田重夫が脚色し、「海人舟より 禁男の砂」の堀内真直が監督、「お富と切られ与三郎」の倉持友一が撮影した。主演は「すっ飛び五十三次」の高千穂ひづる、名和宏、「花嫁のおのろけ」の泉京子。ほかに福田公子、浪花千栄子など。


配給松竹
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年01月15日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
高千穂ひづるおこま
福田公子おもん
泉京子おさい
浪花千栄子おりき
関千恵子おきた
千典子おせん
中川姿子おすみ
名和宏伊藤秋之助
小笠原省吾辻三之進
市川春代およね
中山大介清次
石黒達也野衾の平吉
南郷佑児吉五郎
青山宏銀次
諸角啓二郎蜘蛛の三吉
玉島愛造居酒屋の亭主
西川ヒノデ飴屋弥助
笹川富士夫伊勢屋の番頭
生方功南蛮常
光妙寺三郎うわばみの鉄
園田健二蝙蝠の勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック