おけさ鴉

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

旅鴉の朝太郎は、はるかに佐渡を望む越後の茶店で、旅芸人春之助の唄にそそられ、故郷佐渡へ渡る気になった。島にまだ見ぬ父がいるという浮浪児新吉を連れて行ってやった。朝太郎は三年前、恋人お小夜のために博奕に手をだし、十手を預るやくざ半蔵一味に簀巻にされて海へ投げこまれたことがある。その時、救ってくれた手習師匠結城は、やくざの垢を落せと、ひそかに旅立たせてくれた……。朝太郎は小料理屋梅の屋を訪れ、母やお小夜の消息を知った。母は結城の家で世話になってい、お小夜は彼が死んだと思って幼馴染の伊之助と夫婦になっていた。彼女に会った後それを知った朝太郎は生きるはりを失ったと泣いたのである。半蔵は朝太郎の出現を知り、その復讐を恐れて、ちょうど勤皇討幕を看板にした辻斬の一味が出没しているのを幸い、朝太郎をその一味に仕立て上げた。半蔵の一隊が岩城の家へふみこんできた時、母たみは朝太郎が生きて帰ってきたことを悟った。が、たみは堅気でない朝太郎には会いたくないという。それをひそかに聞いた朝太郎は自分の身を恥じ、岩城のお糸がとめるのを振りきって駈け去った。辻斬一味は盛んに出没した。それもそのはず、半蔵自身がその一味を養っていたのだ。伊之助は半蔵から借りた高利の金の返済を迫られ、それが出来ねばお小夜を渡せと脅された。伊之助が苦面した金は辻斬一味が奪い去った。朝太郎はその話をつけに、新吉少年を連れて、半蔵の家を目指した。途中、彼らを待ちぶせていた半蔵の子分の中に、新吉の父吉松がいた。親子の再会も束の間、吉松は半蔵一味に斬られて死んだ。お小夜は半蔵らに連れ去られ、伊之助はお小夜と交換条件に、朝太郎おびきだしを命じられた。それを承諾した伊之助を、お小夜は泣いてののしる。が、伊之助は朝太郎へお小夜を助けるよう置手紙すると、朝太郎を装って、自分が半蔵らの待伏せている浜へ赴いた。朝太郎はお小夜救出を終ると、委細を知って、浜へ駈けつけ、手傷を負った伊之助を援けた。彼が半蔵らを斬り伏せた時、捕方たちが到着した。−−朝、今はたみの勘気も解けた朝太郎が皆に送られて出立した。彼はたった一年の所払いで済んだ。朝太郎は新吉少年にまた来年の祭に帰ってくることを約束した。


解説

「こけし子守唄 夕やけ鴉」の中田竜雄と、「三日月秘文」の梅谷卓司の共同書き下し脚本を、「青空特急」の斎藤寅次郎が監督し、今井ひろしが撮影した歌謡股旅時代劇である。主演は「森の石松(1957)」の勝新太郎と、「誓いてし」の近藤美恵子。ほかに山茶花究らが助演。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年01月22日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)朝太郎
近藤美恵子お小夜
潮万太郎三平
伊沢一郎伊之助
見明凡太朗 (Bontaro Miake)夷の半蔵
浦辺粂子おたみ
清川玉枝お梶
市川恵美男装の踊子
浜世津子お糸
山茶花究吉松
コロムビア・トップ旅芸人
コロムビア・ライト行商人
三波春夫春之助
羅門光三郎西森竹十郎
南部彰三結城文吉
光岡龍三郎鬼六
尾上栄五郎勘次
天野一郎赤池五郎太
林家染丸相川孫之進
西川ヒノデ伝助
西岡タツオ寺子屋の少年
堀北幸夫白旗甚内
清水明倉田文助
三浦志郎留八
越川一泥亀
富松千代志新吉
浅尾奥山阿波屋清兵衛
芝田総二町人
旗孝思町人
菊野昌代士三好金兵衛
由利道夫船頭
浜田雄史源太
種井信子村の娘
三藤愛子村の娘
米田照子お染
富松アケミ唄の少女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック