関八州喧嘩陣

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大間々街道で、大前田英五郎の子分伊之吉と甲州無宿片目の仙三の喧嘩の仲裁に入ったのは大場の久八だった。彼は英五郎と江戸屋虎五郎の兄弟分の盃を交す中立に行くところだった。伊之吉は三年前旅に出ていた。彼は久八と連れだって故郷に帰り、久しぶりに恋人「天狗屋」のお文に会った。彼女に代官の山岡甚太夫が横恋慕し、伊勢崎の親分団兵衛がそれを利用しようとした。山岡にお文と金を握らせ、英五郎に言いがかりをつけ殴り込みをかければ、上州一帯の縄張りを手に入れるだろう。上州屋へ花会開催の通知を持っていった英五郎一家の弥吉が帰途を団兵衛一家に襲われた。皆は激怒し、団兵衛一家へ殴り込みをかけようとするが、英五郎は花会の前だからと腰を上げなかった。花会で、団兵衛らは英五郎に喧嘩をしかけたが、彼は応じなかった。翌日、代官所から呼び出しを受け、英五郎が単身出かける途中、片目の仙三ら団兵衛の子分が斬りつけてきたが、追っ払った。しかし、その留守に、英五郎の賭場は喧嘩支度の団兵衛一家に襲われ、たたき壊わされた。天狗屋も襲われ、お文の父伝吉と英五郎の許婚お町が斬られ、お文は連れ去られた。伊之吉は知らせを受けて団兵衛の家へ忍び入り、お文を助けだしたが、追手をかけられ苦戦した。そこへ弟分の常が助人にきその場は彼に任して、伊之吉は逃げた……。翌朝、英五郎の家へ、団兵衛から早桶がとどけられた。中に無惨な常の死体−−英五郎は二度と人を斬らぬという誓いを破って立ち上った。喧嘩状を団兵衛一家へつきつけ、大前田一家は渡良瀬川の河原に陣取った。明六つの鐘と共に、決闘が始った。そこへ山岡甚太夫が捕方を連れてきた。それへ、助勢に来ていた虎五郎一家が立ち向った。英五郎は団兵衛を斬り、更に虎五郎と斬り結ぶ甚太夫を斬り捨てた。−−事件は八州取締役中山誠一郎の温情ある計いで無事収まった。悪代官山岡に死罪を申しつけたというふうにしたのだ。英五郎の許しを得、伊之吉はお文を連れて旅に出た。


解説

「鏡山誉の女仇討」の共同脚色者丸谷剛に、椎名文が参加したオリジナル・シナリオを、「飛竜鉄仮面」の毛利正樹が監督し、「金語楼の成金王」の友成達雄が撮影した時代劇。主演は「人形佐七捕物帖 花嫁殺人魔」の若山富三郎、「坊ちゃん天国」の天城竜太郎、北沢典子、「暁の非常線」の舟橋元。ほかに沢井三郎、中村彰、魚住純子、御木本伸介、久保春二、杉山弘太郎などが助演する。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年02月04日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)大前田英五郎
舟橋元乾分岩松
若杉英二乾分伊之吉
池月正乾分房次
杉山弘太郎乾分弥吉
高村洋三乾分常
沢井三郎伊勢崎団兵衛
広瀬康治乾分溜三
村山京司乾分松五郎
岡竜弘乾分源次
菊池又三郎久の宮又八
御木本伸介片目の仙三
芝田新山岡甚太夫
魚住純子お町
北沢典子お文
杉寛父親伝吉
久保春二大場の久八
高松政雄江戸屋虎五郎
築地博馬方
中村彰中山誠一郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック