勝利者の復讐

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

錠前破りの天才前島清一は、二年の刑を終えて府中刑務所から出て来た。幼稚園の雑役婦として子供の啓子を守る妻の房江は、下宿屋の由美子母娘の温かいもてなしの中で、夫を更生させようとし、前島も又正しく生きようと決心した。だが、職はなく、夫が前科者と知れた房江も解雇され、遂に昔の仲間森田を通じて、表面国際商事を経営するボスの深沢に紹介された。ピストルにおどかされ、やむなく宝石店襲撃の一味に加わるが、不幸逮捕される。彼の口をふさごうとして深沢は前島の妻子を誘拐し、房江は暴行された為に自らの生命を断った。かくて復讐を誓った前島は、一切を皆川警部に打明けるが、現行犯のない深沢を捕えることはできない。仮釈放された前島は、啓子を由美子にあずけ、タクシー会社の運転手となるが、深沢の手は彼の周囲にのびて来る。ピストルをもった深沢に追われる彼に、皆川警部は「現行犯で捕えるより方法がない」と嘆くのだった。いよいよ最後の手段を決意した前島は単身深沢一味のいるバーにおもむき、ピストルを身にうけて倒れた。急報によってかけつける警官隊、前島は自らの生命と引きかえに、深沢を警察の手にわたしたのであった。幸い傷は軽く、病院のベッドで、無心に遊ぶ啓子の姿を、由美子と共にながめる彼の眼に、はじめて平和の光がかがやいていた。


解説

「人形佐七捕物帖 花嫁殺人魔」の金田光夫の脚本を、「童貞社員とよろめき夫人」のコンビ小森白が監督、岡戸嘉外が撮影したギャングもの。主演は「女の防波堤」の細川俊夫、小畑絹子、「女王蜂(1958)」の天知茂。ほかに沼田曜一、三田泰子、北村真知子、鮎川浩などが出演している。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年03月05日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
録音
照明

キャスト

俳優名役名
細川俊夫前島清一
小畠絹子前島房江
北村真知子前島啓子
沼田曜一皆川警部
三田泰子由美子
徳大寺君枝由美子の母マツ
津路清子保育園長
久保春二塚本刑事
真木裕石田刑事
天知茂深沢正夫
鮎川浩森田
大江満彦小島
小林猛山根
千葉徹山口弁護士
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック