少年猿飛佐助 天空の白馬

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

真田幸村は大砲、弾薬を秘かに倉島主水らに造らせていた。その試射は成功したが、徳川方の手がのび、山賊の熊坂甚内らがすきをねらって奪い去ろうとしていた。その一味には、忍者夜霧の源助も加っていた。猿飛佐助は幸村の命を受け、使者として、その工場にやってきた。佐助は山賊らの通う飲み屋千曲屋で、山賊らをからかったりした。ここの女将おツルは山賊方のスパイだ。職工多吉が山賊らの手で連れさられ、更に三好清海人道兄弟の持ってきた幸村の密書はおツルが持って逃げた。三好らは彼女を追って源吉の罠にかかり、山牢に閉じこめられた。工事場に働くお絹と、佐助は仲良くなったが、彼女は源吉の手下、徳川方の忍者だった。佐助はそれを見抜いていた。お絹を許し、忍者をやめて故郷へ帰れとさとした。佐助が三好の牢の扉を開けようとした時、そこに爆薬の仕掛けられていることを知るお絹は代りに身を投げ、佐助らを救って死んだ。真田の城へ向う大砲の行列を、山賊たちが襲撃した。彼らは大砲を奪うと、山塞へ逃げこんだ。真田勢は廻りを取り囲み、両者の攻防が始る。一方に源吉、一方に佐助。二人の忍術が主要武器だ。ついに、源吉の術は破れ、彼は谷底へ落ちていった。山賊たちも滅びた。爆発する山塞を後に一行は大砲を運んで、真田の城へ着いた。佐助と百合姫は手を取り合った。二人は、城外の野原で、うっとりと、祝宴ににぎわう城の方を、いつまでも眺めていた。


解説

「少年猿飛佐助 牢獄の姫君」の続篇。スタッフ・キャストはほとんど前篇と変らない。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年02月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)猿飛佐助
丘さとみおマア
高松錦之助甚左衛門
明石潮伍助
薄田研二山中山城守
吉田義夫夜霧の源助
河部五郎真田昌幸
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)幸村
山東昭子 (Akiko Santou)百合姫
岸井明三好青海入道
山口勇伊三入道
時田一男穴山小助
石井一雄 (Kazuo Ishii)海野六助
五条恵子早苗
永田靖榊原玄蕃
中村時之介近江良兼
伊東亮英山坂伝内
加藤浩加藤
近江雄二郎井川
浦里はるみおツル
東日出雄吾作
人見寛平吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック