少年探偵団 透明怪人

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

放射能によって透明人間を創り出す発明が完成したとき、二十面相が現れ、その発明者を完全な透明人間にしてしまった。二十面相は少年探偵団、明智や団員を全部透明人間にしてみせるとうそぶいて姿を消した。街の宝石店の前に、透間人間が現れたのを団員たちは目撃した。何を狙っているのか?各宝石店に張りこんでいた団員たちの眼前に、無人運転の車が止り、骸骨が現れ、焼ビルの地下室に消えた。少年達をからかっているようだ。島田少年の姉あき子が明智あての小包を、道で見知らぬ男に頼まれて持ってきた。それは二十面相の企んだ時限爆弾だった。明智の明察でことなきを得た。警視庁は二十面相が透明人間を使って国宝的宝石を狙っているのを知った。二十面相は島田邸に現れ、圭一郎、島田少年、あき子をおどし、島田家の秘宝エジプトの王冠をそのうちいただこうと言って消えた。原子力委員会の席上、圭一郎は王冠が世界制覇の象徴であり、エジプト国王からウラン鉱と交換に返還を求められているものだということを説明した。二十面相はその夜九時にそれを頂くと、通告してきた。取材に来た黒田記者と光枝がタクシーに乗ると、透明人間が運転している。−−黒田らは監禁され、黒田の洋服を着た二十面相は島田邸の密室の金庫の前で、ゆうゆうと、そのダイヤルの数字を調べた。−−九時。島田邸を取り囲んで警官達は島田少年の愛犬デインが吠えるのを聞いた。扉が音もなく開き、何も見えない。透明人間はエジプトの王冠を盗むと、不敵な笑声を残して去った。大友、篠崎の二少年は二十相面の靴跡をたどっていた。下水道の中まで追って行った時、二十面相の仕組んだ罠か、水が刻々と増してきたのだ……。


解説

江戸川乱歩の原作を「素っ飛び笠」の小川正が脚色、「ジェット機出動 第101航空基地」の小林恒夫が監督、「母つばめ」の藤井静が撮影した探偵劇。主演は「緋ざくら大名」の波島進、「江戸の名物男 一心太助」の中原ひとみ、「日日の背信」の伊藤雄之助。ほかに山手弘、小畑やすし、小宮光江、外野村晋などが出演している。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年02月25日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
特殊効果

キャスト

俳優名役名
波島進明智小五郎
中原ひとみマリ子
伊藤雄之助怪人二十面相(ガイコツの男)
伊藤雄之助怪人二十面相(黒マントの男)
伊藤雄之助怪人二十面相(透明人間)
伊藤雄之助怪人二十面相(タクシーの運転手)
山手弘小林少年
福島卓大友少年
加地敏仁篠崎少年
小畑やすし島田少年
小森甲二小泉少年
佐野伸一木下少年
小西得郎米川編集長
高木二朗黒田
小宮光江光枝
岡野耕作児玉
神田隆中村捜査課長
外野村晋刊事A
光岡早苗島田あき子
宇佐美淳也島田圭一郎
井本美恵子若い女
沢彰謙紳士
滝謙太郎せむしの乞食
明石潮委員長
風見章子島田夫人
鈴木暁子女車掌
持田光郎少年探偵団員
竹本善彦少年探偵団員
中谷精一少年探偵団員
田中深雪少年探偵団員
鈴木吉映少年探偵団員
田川恒夫鑑識課係官
南川直警視庁放送室員
片山滉新聞記者
植松鉄男洗濯屋
轟謙二警官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック