葵秘帖

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

水戸家に代々伝わる家憲書葵秘帖の秘密を、老中阿部伊勢守が知り、水戸家をつぶそうと計った。秘帖には勤皇の志が記されてあるが、海送問屋水野屋灘右衛門の手に渡り、そのまま行方が判らなかった。唯一の手がかりは将棋図巧という本の中にあるという。水戸方も老中方もそれと関係ある詰将棋図の半片を持っていた。将軍家にある将棋図巧をかけて、双方の代表がお城将棋を指すことになった。浪人峠魚太郎は水戸家に呼ばれ、すべてを話され、秘帖を探すことを頼まれた。彼の友人菅井左近はお城将棋に老中方として出場する。彼は魚太郎に遺書を預けに来た。何かにおびえているふうだ。魚太郎は隣家の女目明しお島らの助力で方々を探り始めた。左近は勝負に勝ち、図巧を持って帰る途中、何者かに襲われ、死んだ。その場所は仏千寺という、近頃如来像を集めているので評判の寺の近くだった。秘帖は如来像の首のところに隠してあるというが、−−魚太郎は仏千寺の慈元和尚を見張らせた。左近の遺書からは老中方の持っていた将棋図の半片が出てきた。それと水戸家の半片とを合せて、魚太郎は必死にその謎を解こうとした。彼に助けられた阿片中毒の娘お園が、それを奪おうとした。彼は仏千寺が元水野屋の一党の巣であり、善男善女を阿片で誘惑し、如来像を集めているのを知った。左近の妻浅世も何故かその寺へ通っていた。左近がおびえていたのは“呪いの面”という怪物で、魚太郎はその腕に手裏剣を見舞うことができた。魚太郎は秘帖の謎を解いた。図巧の裏表紙にすかしで江戸地図が描かれてい、それと詰将棋図と重ねたのだ。その頃、仏千寺の連中も謎を解いていた。お園の父の将棋師を連れ去り、阿片で正気を失わせ、手がかりを握ったのだ。魚太郎は仏千寺に乗り込み、慈元や、彼と結ぶ老中の手先戒田らを追いつめるが、しかけで床下へ落ちた。そこへ、浅世が現れ、彼をかきくどく。魚太郎は彼女が“呪いの面”その人であり、水野屋の息女だと知っていた。彼女は父のためと慈元らに阿片であやつられ、左近の妻となり詰将棋図を狙ったのだ。戒田は水野一党の首領慈元を殺すと、浅世をさらって、如来像のありかの、佃島にある廃船「水野屋丸」へ向った。駈けつけた魚太郎との間に撃ち合いが始る。魚太郎が危くなったとき、浅世が戒田の腕に取りすがる。戒田は死んだが、浅世も魚太郎の腕でこと切れた。魚太郎は家憲書を水戸家へ首尾よく渡すことができたのである。


解説

角田喜久雄の『変化如来』より、「千両獅子」の結束信二が脚色、「神変麝香猫」の小沢茂弘が監督、「千両獅子」の伊藤武夫が撮影した時代劇。「千両獅子」の市川右太衛門、東映初出演の新珠三千代、「江戸の花笠」の尾上鯉之助に、花柳小菊、丘さとみ、伏見扇太郎、徳大寺伸、山形勲などが出演する。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1958年03月25日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門峠魚太郎
伏見扇太郎峠星之丞
丘さとみお園
徳大寺伸菅井左近
新珠三千代 (Aratama Michiyo)浅世
花柳小菊川風のお島
堺駿二けろ八
星十郎千吉
尾上鯉之助水戸斎昭
山形勲藤田東湖
丘郁夫香坂半兵衛
沢田清徳川家慶
加賀邦男阿部伊勢守
進藤英太郎戒田紋十郎
吉田義夫慈元和尚
阿部九洲男黒川兵庫
須藤健浪之助
百々木直勝蔵
団徳麿鬼吉
山内八郎一平
水野浩源左
香川良介水野屋灘右衛門
高松錦之助行燈の太郎松
小田部通麿秋山要之進
有馬宏治大橋宋桂
堀正夫松平和泉守
吉田江利子お新
長田健二沢井運蔵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック