若君漫遊記 サタン城の魔王

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

松平長七郎は諸国漫遊の途中、肥後の国に立寄った。肥後では藩主細川侯の命令で切支丹の弾圧が激しかった。今日も、多数の受刑者が処刑されようとしていた。その時、どこからともなく現れた黒衣の騎士が、受刑者たちを連れ去った。城下町では“キリシタンの魔法”という怪火が頻発した。長七郎は家老伊勢丹後を訪ね対策を練った。その頃、天草の乱に加担したかどで、丹後のもとにいる黒田如庵を、幕府は引渡せと命じてきた。丹後の娘菊姫は熱心な切支丹で、父に弾圧中止を懇願した。噴煙をあげる阿蘇火口を眼下に、サタン城を築き徒党を組む一味があった。彼等は白衣の首領のもとに、黒衣の配下たちによって、切支丹の勢力を利用して天下を我がものにと企んだ。魔の手は菊姫を誘拐した。丹後のもとに如庵と菊姫を交換せよという脅迫状が舞込んで来た。如庵を引渡す当日、長七郎の命により多数の捕手達が、鬼面カ丘に待機した。丘の斜面には、次々と黒衣の怪人が現われ、中央に馬に乗せられた菊姫の姿がみえるのを合図に、捕手たちは襲いかかった。轟然爆発する火柱、土煙の中に死闘が展開された。しかし怪人達の力は優り、如庵を手中にして逃げ去った。長七郎は怪人に変装して後を追った。サタン城内に入った長七郎は、首領に正体を見破られ、陥し穴に落っこった。危機一発、しかし以前長七郎のために救われた巫女の白竜に助けられ、群る敵中にとびこみ、見事に菊姫を救い出した。長七郎は一路熊本城へ駈けつけた。城内の大広間では、首席家老の黒谷典膳−−実は事件の元凶−−と長七郎の対決が行われた。すべての悪事をあばかれた典膳は、長七郎の前に頭を下げるのだった。


解説

「江戸の花笠」の川内康範と、織田清司の共同脚本を、「稲妻奉行」の山田達雄が監督し、森田守が撮影した若君シリーズ。出演は「阿波狸変化騒動」の明智十三郎を筆頭に、北沢典子、瀬戸麗子、江川宇禮雄、細川俊夫など。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年04月22日より



スタッフ

監督
脚本
原案
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
明智十三郎松平長七郎
高松政雄田村右平次
御木本伸介三宅宅兵衛
北沢典子菊姫
高田稔細川侯
江川宇礼雄 (Ureo Egawa)黒岩典膳
細川俊夫伊勢丹後
広瀬康治近藤早苗
国創典板倉宗十郎
大谷友彦関口十太夫
三原純黒田如庵
山下明子王竜(サタン城の巫女)
瀬戸麗子白竜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック