血の岸壁

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

国際密輸団の麻薬に挑む税関吏の仕事は、危険の多い仕事である。今日も、税関吏でありながら、麻薬団の手先になった男の溺死体が上った。その頃、神戸港に香港から着いたデンマーク船から、多量の麻薬が押収された。早速、税関、水上警察、海上保安庁などの緊急合同会議が開かれ、密輸団の秘密組織を突止めるため、囮捜査をすることにした。この重大な仕事に選ばれたのは、殺された税関吏と共に密輸の片捧を担ぎ、逮捕状が出ている税関吏の高木だった。ところが警察内部にまでスパイを持つ密輸団は、ボスのサム・ローガンの命令で、アメリカ帰りのユキ松原や丘を使って、たちまち高木を連れ去った。そして、彼を買収して麻薬を取返えそうとした。「税関吏押収中の麻薬を持って逃走」という囮記事が発表されるや、警察と密輸団の注意は、高木の身辺に集中した。「明後日の夜十時、場所は神泉苑」と書いたトランプの半片を受取った高木を間に、当局と密輪団の戦闘が開始された。岐路に立つ高木は、その悩みを愛人三枝にすら話せなかった。約束の場所に現れた中国人は、高木の空の鞄を持って去った。それを追う警官、残された高木は密輸団の手中に閉じ込められた。捕われの身の高木に、ユキはいつしか好意を寄せ、二人で逃げようと計画をたてた。一方、サム・ローガンは麻薬の取引を機に、大ボスを失墜させ自分が親分になろうとしていた。高木はそんなこともしらずに取引の場所に出かけた。そのキャバレーで取引の最中に、ユキが拳銃を持って入って来た。突如として発射された銃声に場内は騒然、なだれ込む警官達、そのスキに二人は金を持って逃げた。高木は警察にもどらずに外国船へ急いだ。しかし、タラップの上には拳銃を持ったユキが立って、三枝と二人で幸せに暮せといった。必死に涙をこらえるユキの顔、−−「ボーッ」と最後の汽笛を残して船は遠去かっていった。


解説

藤原審爾の原作を、「明日は明日の風が吹く」の松浦健郎をはじめ、石井喜一、松原佳成の三人が脚色、「麻薬3号」の古河卓巳が監督、松橋梅夫が撮影したアクション・ドラマ。主演は「暗黒街の美女」の水島道太郎、「霧の中の男」の左幸子、「羽田発7時50分」の白木マリ、岡田眞澄。


配給日活
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年05月13日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
水島道太郎高木三郎
白木マリユキ松原
左幸子 (Hidari Sachiko)三枝
岡田眞澄 (Masumi Okada)
利根はる恵柳子
菅井一郎野田課長
近藤宏沢井
小泉郁之助石井
二本柳寛大倉
ファリー・J・ジェームスサム・ローガン
高品格ソン
西村晃門馬
土方弘
美川陽一郎王仁政
木島一郎楊の配下1
神山勝楊の配下2
松下達夫海上保安庁幹部
内藤武敏国警本部係官
下條正巳県庁麻薬官
鴨田喜由水上警察署長
杉幸彦水上署の若い警官
島村謙二刑事1
南博之刑事2
三原一夫刑事3
清川長彦羽田空港の案内係
村田寿男代書屋
樋口かほる花屋の女店員A
芙真木子花屋の女店員B
須藤孝トリスバーのボーイ
大須賀更生神泉苑のボーイ
長弘パトロールカーの警官
緑川宏合同会議の書記A
河村昌之合同会議の書記B
渡のり子女秘書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック