デン助の陽気な靴みがき

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ここは浅草の一角。遠く高架を走る国電の響きとともに、デン助のオンボロ長屋にも朝がやって来た。デン助はチビと一緒に早朝から靴みがきに出かける。デン助は三年前、ガード下で泣いていたチビを拾ったのだ。デン助の心配しているのは、同じ長屋に住む、病気の母をかかえた花売娘小夜子のことだった。その小夜子に、附近の顔利きジョージはかつてない愛情を抱いた。彼は、金庫破りの容疑者として警察から追われる身であった。一日、デン助をはじめ長屋の人たちは、貧しいながらも楽しいハイキングに出かけた。が、その留守の間に小夜子の母は急に病状が悪化、息をひきとった。悲嘆の涙にくれる小夜子を、デン助はやさしくなぐさめ、自分の長屋にひきとった。一方、ジョージは金庫破りの容疑を自分に着せたチンピラどもを追い白状させようとするが、怒りにまかせて傷つけてしまった。しかし、デン助のさとしに従って自首する決心をしたジョージは、警官の口から金庫破りの容疑は晴れ、傷害罪も微細なものであることを知らされた。彼は慕う小夜子やデン助を後に、明るい表情で刑事に引かれていった。バラック界隈にまた朝が来た。小夜子もジョージと無事世帯を持つことになり、今日も靴みがきの道具を抱えたチビとデン助の姿が、都会の雑踏へと消えていった。


解説

中沢信の原作・脚本を、「母つばめ」の伊賀山正光が監督、「乱撃の七番街」の福島宏が撮影した人情喜劇。主演は映画初出演の木村デン助こと大宮敏光、「少女と風船」の松島トモ子、「魚河岸の石松」の佐久間良子、それに波島進、その他、杉狂児、岸井明、浜田百合子など。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年06月03日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
大宮敏光木村デン助
松島トモ子チビ
大宮敏光刑事
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)松本小夜子
中野かほる松本うめ
杉狂児為吉
波島進通称ジョージ
滝謙太郎八公
岸井明通称芸術家
瀬川純通称章ちゃん
吉川英蘭重作
岩城力金坊
潮健児タアの字
山口勇紳士
浜田百合子 (Yuriko Hamada)紳士夫人
山本緑近所のお内儀
奈良あけみ百合ッぺ
光岡早苗サリー
大東良留吉
織田重夫チンドン屋夫婦
千川輝美チンドン屋夫婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック