怪猫からくり天井

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

−−鍋島家の囲碁師匠・又七郎は対局中藩主肥前守の手打ちになった。彼の許婚者・お小夜は側女に召出されていた。彼の死体を前に母秋篠は鍋島家を呪いながら自害して果てた。そのとき、又七郎の愛猫・玉簾が現れ、二人の血汐をなめつくすと、妖しく鳴いて消えたのである。これよりのち、肥前守の寝室に夜な夜な怪猫が現れ始めた。秋篠の怨霊が猫にのり移ったのだ。又七郎の亡霊も現れた。鍋島家には分家をたててお家乗っとりをはかる家老・秋沢筑後一派と、お家大事の重臣・小森親子、二番家老・島多門、白石三平一派とがあった。−−肥前守は病同然の身となったが、又七郎母子の法要を営むと、少しは回復した。が、本復祝いの席上、怪猫がまたも現われ、肥前守の愛妾・お小夜の方を奪って消えた。お小夜の方とはかつてのお小夜のことである。肥前守は遂に発狂し、座敷牢に閉じこめられた。秋沢一味は早速分家の相続願いを江戸表へ送るが、白石三平の機転ではばまれた。一味は肥前守に毒を盛ろうとしたりする。行者白竜禅師は、腰元に化身して肥前守に近づこうとした怪猫の正体を見破る。怨霊はお小夜の方に乗り移った。護衛役・小森大助は肥前守を座敷牢から救い出し、追手をさけて不動山に入った。怪猫はお小夜の方の姿のまま、肥前守を招きよせた。が、白竜禅師の呪文に、その正体を現し、無気味な叫び声を残して消えた。禅師の数珠で回復した肥前守は陰謀の証拠の密書を持って城へ帰り、対立する二派をおししずめようとした。二派の乱闘の最中、再び怪猫が現れて肥前守に襲いかかるが、−−たちまち白竜の呪文である。怪猫は“神鏡”の発する火焔にやかれ、大助と白石に斬り伏せられる。むろん、謀叛の一味も滅びたのである。


解説

平井池三の書き下し脚本による、鋼島騒動を扱った化猫映画。監督は「火の玉奉行」の深田金之助、撮影は「浪人八景」の伊藤武夫。主演は化け猫スターの元祖鈴木澄子のカム・バックに、「丹下左膳(1958)」の月形龍之介、「鴬城の花嫁」の大川恵子、「少年三国志 (二部作)」の南郷京之助。ほかに、三島雅夫・徳太寺伸・佐々木孝丸などのヴェテラン。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年06月29日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
月形龍之介小森半左衛門
南郷京之助小森大助
徳大寺伸鍋島肥前守
藤木錦之助白石三平
三島雅夫秋沢筑後
明石潮鍋島豊後
小柴幹治 (Kanji Koshiba)竜造寺又七郎
瀬川路三郎白竜阿闍利
石井一雄 (Kazuo Ishii)川田清之助
霧島八千代お小夜の方
本郷志津子ゆき
鈴木澄子秋篠
松浦築枝お倉
北村曙美花の井
美山れい子
品治京子お加乃
大川恵子お信
佐々木孝丸島多門
楠本健二飯田主馬之介
立花伸介鍋島竹三郎
団徳麿長尾如仙
嵐大吉小南藤兵衛
東日出雄門番甲
小金井修門番乙
大浦和子お新
池田富保 (Tomiyasu Ikeda)篠原
江崎ひで子おこう
福原珠子小姓
浅野光男警護
若井緑郎取次の侍
百々木直斎藤弥三郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック