血汐笛

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

旗本相馬修之進は、一橋大納言の屋敷に呼出され、娘由香に将軍家から下されたお墨付を強要されていた。相馬が拒み刺客たちが殺気立った一瞬、現われたのは笛吹き天狗だった。同じ頃、由香も大納言に図られ連れ出されていた。刺客の一団に囲まれた時、現われたのがきらら主水、斜線を描いた主水独得のきらら剣法に刺客は月を仰いでのけぞった。主水が由香を送って彼女の家に引返すと、由香の父を救った笛吹き天狗が先に来ていた。「お墨付を貰いに来た」「由香を頂こう」。二人は対決した。が、乱入して来た大納言の刺客のために勝負は中断された。主水は由香を小唄の師匠小えんの家にあずけた。−−この事件の背後には将軍家世継をめぐる陰謀がかくされていた。大納言は、浪華の豪商鴻池に将軍家姫君甲姫とひきかえに莫大な金を召し上げ、その金力で一子治直を将軍家後継にしようと狙っていたのだ。そのため、知的障害者の甲姫を亡きものにし、甲姫と双生児のため相馬の娘として育てられた由香を身替りにしようと、由香とお墨付を手に入れることを企んだのだ。一方、この陰謀を打破しようと松平大和守も策をめぐらせていた。由香の素性を知ったことから陰謀のからくりを悟った主水は、大納言別邸から甲姫を救い出した。その頃、笛吹き天狗は鴻池の宿所で、大納言から鴻池にあてた秘密の手紙を奪い取っていた。だが、小えんの家では刺客に襲われ、小えんは殺され、由香は大納言の屋敷に連れ去られた。いよいよ鴻池と由香との固めの盃が交されようとしたとき、息せき切って来た主水が颯爽と斬りこんで来た。たちまち凄烈な乱闘。その只中に上意書を掲げて大和守が乗り込んだ。その大和守を見て主水は目を見はった。意外にも、大和守は笛吹き天狗と同一人であったのだ。


解説

新聞十数紙に連載された柴田錬三郎の原作を、「火の玉奉行」の結束信二が脚色、「伊那の勘太郎」の小沢茂弘が監督した娯楽時代劇。撮影は「火の玉奉行」の吉田貞次。出演は「伊那の勘太郎」の東千代之介・千原しのぶ、「鴬城の花嫁」の雪代敬子、それに大河内傳次郎・桜町弘子・喜多川千鶴など。色彩は東映カラー。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年07月06日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)きらら主水
大河内傳次郎笛吹き天狗
大河内傳次郎松平大和守
柳永二郎一橋治済
立花伸介一橋治直
薄田研二白河楽翁
水野浩相馬修之進
原健策血祭兵部
山路義人宮内伝五郎
違山恭二後藤源左
仁礼功太郎本位田久蔵
伊東亮英石田修理太夫
加賀邦男土屋備前守
丘郁夫森五次郎
左卜全須藤九郎兵衛
津村礼司高岡竜之助
田中春男伊太吉
富久井一朗金助
吉田義夫権田与左衛門
浅野光男吉村勘助
岡譲司鴻池嘉衛門
有馬宏治松左衛門
雪代敬子由香
雪代敬子甲姫
千原しのぶ小えん
喜多川千鶴お歌の方
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)久路
鳳衣子明の尾
赤木春恵おりん
山本鳥古おちよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック