旅姿鼠小僧

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東海道品川を越えたあたり−−次郎吉は博徒に追われる吉助を救った。吉助は義賊鼠小僧をまねて、悪親分とみるとイカサマの奥の手を出し、命を落すところだった。その鼠小僧とも知らず「乾分にしてくれ」と吉助がつきまとうのを、ようやくまいた次郎吉は神奈川の港に着いた。居酒屋で見たお米に惹かれたが、亭主ある身の彼女に袖にされるとヤケになって、料理屋に上ってドンチャン騒ぎとあい成った。料理屋の主人亀蔵は、「直次郎が帰ったら、首はただで済まねえぜ」という次郎吉の言葉を耳にして驚いた。この店の板前だった亀蔵は、主人の直次郎をイカサマ博奕で身代をつぶさせ、さらに彼の旧悪をばらして牢へ送ったひどい奴である。次郎吉にとって直次郎は、自分を盗みの世界に誘ったくせに、どたん場で金を持ち逃げした憎い男だった。そして、直次郎はお米の待っている亭主でもあった。次郎吉は直次郎を斬ってくれという亀蔵の頼みを引き受けた。が、帰って来た直次郎は、意外にだらしなかった。亀蔵に頭を下げて働き口を頼む始末なのだ。が、直次郎はお米にこういうのだ。「何年かかっても、亀蔵を斬る」と。お布令で次郎吉の正体を知った亀蔵は、次郎吉に直次郎を殺させた上、御用にしようと考えた。次郎吉は、直次郎を亀蔵の乾分の見ている前で斬って海へ蹴落した。約束の五十両を亀蔵から受取った次郎吉が、町はずれまで来ると案の定、亀蔵さしがねの捕方が囲りをとりまいた。乱闘の後、次郎吉はお米をくどく亀蔵の部屋に踏みこんだ。次郎吉のはからいで峰打ちで海へ落ちると、すぐ吉助に救い出された直次郎も駈込んで来た。またもや乱闘、直次郎の手斧は亀蔵の顔面に突き刺さった。


解説

旅に出た次郎吉が、義侠の剣を振う恋と意地の娯楽活劇。稲垣浩・高木隆の脚本を、「無法松の一生(1958)」の稲垣浩が監督、「結婚のすべて」の中井朝一が撮影した。鼠小僧には東宝専属第一回出演の鶴田浩二が扮し、「太鼓たたいて笛吹いて」の草笛光子、「現代無宿」の八千草薫、ほかに伊藤久哉・三井光次が共演する。


配給東宝
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年07月22日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)次郎吉
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)お米
伊藤久哉直次郎
三井弘次吉助
林幹愚庵
八千草薫 (Yachigusa Kaoru)おとみ
飯田蝶子おくま
中村是好元斎
沢村いき雄徳兵衛
杉山昌三九亀蔵
戸上城太郎東兵衛
向井淳一郎文三
長島正芳釜太
久世竜 (Ryu Kuze)佐七
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック