江戸は青空

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天保年間、江戸の庶民の生活は日毎に窮迫していた。やもめのおかつは、長男の市太を頭に、おさん、次郎、三郎、七之助の四男一女をかかえ、長屋に住んでいたが、一家総がかりでセッセと金を貯め、けちんぼ一家として知られていた。居酒屋で一家の貯めこみぶりを聞いた若者、身よりのない勇吉は、夜中におかつの家にしのびこんだ。しかし、おかつ一家の倹約ぶりは、欲ばりから出たものではなかった。三年前、長男の大工の市太の同僚である源さんが、ふとした出来心から悪事を犯し、罪に服した。女房子供のある身で出牢後の生活は、さぞ困るだろうと、おかつは子供たちと相談し、日日の生活も切りつめて、源さんのために金を貯めることに精出していたのである。貧しい食事のあとで子供達が眠ってしまった後、針仕事を始めたおかつの前に、頬かぶりをした勇吉が現れて、金を出せとおどした。がたがたとふるえている彼を見て、おかつは金を貯えている由来を話し、黙って出ていこうとする彼に食事をさせ、遠い親類の息子という名目で、家族の一員として扱ってやることにした。あくる日の夕方、一家の出迎えのうちに源さんが牢から帰ってきた。夕食の膳には心づくしの料理と酒がならんでいた。金包みをさし出すおかつに、源さんと女房は身をふるわせて泣いた。ある日、勇吉の身許とどけを出すよう大家から知らせがあったが、おかつは知合いの易者にたのんで、誰にも知られぬよう巧みに計らってやった。働きに出かけることになった勇吉は、自分の弁当だけが他の子供達と違って特別なものなので、やはり自分は他人なのだと気にした。しかしそれは彼を恋するおさんの仕業だった。今はおかつの母性愛が真実なのを知った勇吉は、心のうちでそっと、“かあちゃん”とよびかけてみて、涙するのだった。


解説

裏長屋の一家族を舞台にした喜劇で、原作はオール読物所載、山本周五郎の『かあちゃん』。これを久里子亭が脚色、西山正輝が第一回作品として監督した。撮影は「白蛇小町」の本多省三。出演は「女狐風呂」の林成年、中村玉緒に、沢村貞子・月田昌也、それに新人島田竜三など。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年08月03日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
林成年勇吉
中村玉緒 (Nakamura Tamao)おさん
島田竜三市太
月田昌也三郎
和泉千太郎次郎
沢村貞子おかつ
寺島雄作熊五郎
上田寛左官風の男
伊達三郎 (Saburo Date)印半纏の男
天野一郎禿げた老人
太田博之七之助
東良之助大家
越川一商人風の男
市川謹也源さん
高原朝子お内儀さん
滝のぼる居酒屋の内儀
種井信子居酒屋の小女1
神脇絵須子居酒屋の小女2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック