有楽町0番地

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

バー“OK”が有楽町0番地、フードセンターの地下街に開店した。不入りである。マダムの流さき子はフードセンターの人気者、小さな菓子店のレジ、小川正子に目をつけ引き抜く。ボーヨーとした街の詩人、路地は彼女のイメージで詩を書き、駅で詩集を売っていた。“OK”は正子をスカウトして以来、盛況を呈した。常連にはBBTVのアナウンサー・神部や、0番地のフードセンターをめぐる利権争いで対立する宮城区代表・三木、中心区代表・矢代などがいた。地下鉄サムは正子がレジをやっていた頃からの知り合いで、売子の金子と恋仲だった。彼は正子から店の金庫のありかを聞き出すために“OK”に通った。犬猿の仲の三木・矢代はどちらも政界のボス・黒洲を味方にして利権を握ろうとしていた。正子は路地と知り合い、彼の純な心に共感する。詩集を売るのを助け、彼の詩を朗読したりする。ある夜、店が終った後、正子が忘れ物を取りに戻ったとき、サムが金庫の金を奪って立ち去ろうとしていた。「お前も共犯だぜ」今まで正子が問われるままに話したことが、ぜんぶ犯行に役立ったからというのだ。サムが金を渡そうとするのをよけたはずみに、正子は非常ベルにふれてしまう。サムは捕り、正子の“美談”が新聞に出た。正子は困った。金子から殴られたのも無理もないと思った。神部は正子を自分の担当の善行美談の番組・「ここに泉あり」に出演させようとした。マダムが売り込んだのだ。玉砕した陸軍中将の遺児。病身の母を助け、弟妹を養っていると。マダムは三木と利害が一致し、正子を黒洲のイケニエにしようとした。が、矢代が女探偵を使って情報を探り、売春防止同盟の蟹江女史を連れて現場に乗りこんだ。黒州と女史が兄妹だったからとんだ茶番に終った。「ここに泉あり」の放送の当日、正子は神部から無理やり頼みこまれてステージに上った。刑務所では、サムの横のA16号が食い入るように、テレビの正子の姿を見つめていた。−−ゲストはマダム・三木・矢代・黒洲などだ。皆、自己宣伝半分の、正子を讃える言葉を述べた。金子もサムの妹として紹介され、正子がサムのために保釈金をつくっていることに礼を述べた。路地も自分が就職しようと思いたつまでについて、正子に札を云った。正子の近所の小母さん・若尾やそが涙ながらに正子をたたえた。命の恩人ですと。これにはかくされた真実があった。やその息子・A16号は正子の婚約者なのである。警視総監代理がサム逮捕の表彰状を手渡そうとしたとき、正子は耐えきれずに叫んだ。「やめて下さい!みんなウソなんです。私はサムさんの共犯です。私を捕えて下さい」会場に大混乱が起った。三木・矢代・黒洲らは今までの紳士顔はどこへやらお互いの内幕をバクロし合う。もうメチャクチャである。警官が正子を逮捕しようとするが、路地や金子らが彼女を守る。そのとき、サムが共犯は自分のデッチ上げだと告白したとの報せがとどいた。−−秋晴れのある日、正子はA16号−−いや許婚者・三郎を、刑務所の門外で出迎えた。


解説

東京・有楽町の新名所フードセンターに舞台をとる諷刺喜劇。「青空よいつまでも」の川頭義郎が監督する。松山善三・勅使河原宏・川頭義郎のオリジナル・シナリオ。撮影は「青空よいつまでも」の荒野諒一。主演は「彼奴は誰だッ」の瞳麗子(主演第一回)、脚本執筆の勅使河原宏(映画初出演)、「彼岸花」の高橋貞二、「女侠一代」の渡辺文雄などで、他に千田是也などヴェテランをそろえる。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1958年10月07日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
瞳麗子小川正子
高橋貞二A16号(若尾三郎)
勅使河原宏 (Hiroshi Teshigahara)詩人(路地雪男)
渡辺文雄地下鉄サム
藤間紫バーOKのマダム(流さき子)
北竜二 (Ryuji Kita)BBTV・プロデューサー
三国一朗 (Ichiro Mikuni)BBTV・アナウンサー(神部巌)
日守新一宮城区代表(三木佐太郎)
三井弘次中心区代表(矢代透)
千田是也黒洲幸四郎
山口松三郎有力者
浦辺粂子A16号母(若尾やそ)
桜むつ子矢代の母(清子)
岸輝子蟹江里子
山鳩くるみ吉田金子
九條今日子 (Kyoko Kujo)長崎探偵
南進一郎平和秘密探偵社長
永田靖警視総監代理
南美江ナルシスのマダム
織田政雄都庁役員
吉野憲司鈴木
本橋和子黒洲の妻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック