おーい中村君

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

中村君はある電機器具の会社に勤める純情サラリーマンである。その和夫のオフィスにも同性の中村二郎という、和夫とは正反対で女性に対して行動派の男がいた。二郎は和夫の助手である。ところで、和夫には意中の人があった。出勤の途中、地下鉄の車内でめぐり逢う美人だ。二郎の行動に刺激され、和夫は意を決した。チャンス到来、銀座の交叉点でばったり出くわしたのだが、通りがかりのおばあさんから道を尋ねられ、フイになった。ヤケになった彼は、ハイボールをあおり、チンピラと大喧嘩、あげくは警察へ連行された。ところがなんと、翌朝ブタ箱へ迎えに来たのは彼女であった。婦人警官だったのだ。さて二郎の方は、相変らずの女性攻略が部長の激リンにふれ、大阪へ転勤命令が下った。和夫は、婦人警官の明子と結婚することができたが、厄介な仕事を云い渡された。取引上やむなく柳橋の芸者・すずめをくどくという役である。彼は実行した。首尾は上々だ。だが、明子夫人はおカンムリで、冷戦状態におちいった。その頃、二郎が大阪から帰った。部長と部長秘書の鮎子が大阪へ行くことになったのだが、二郎が大阪にいては鮎子が危険だと思われたからだ。和夫から様子を聞いた二郎は、すずめと図り、明子の誤解を解くことに成功した。−−新任の部長も中村だった。三人は中村会を結成した。三人の中村が手を組んで歩いて行く。横丁から明子も出て来て「私も中村よ!」。すずめが通りかかった。「私も、断然中村になっちゃおうッと」。


解説

「大学の人気者」の須崎勝弥の脚本を、「素っ裸の青春」の原田治夫が監督した歌謡映画。撮影は「恋を掏った女」の宗川信夫。「別れたっていいじゃないか」の川崎敬三、「執念の蛇」の近藤美恵子に、船越英二・毛利郁子・市川和子、若原一郎らが出演。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年10月08日より



スタッフ

監督
脚本
原案
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
川崎敬三中村和夫
田宮二郎 (Jiro Tamiya)中村二郎
船越英二中村部長
近藤美恵子日野明子
若松和子すずめ
若原一郎バーテン若山
毛利郁子谷川鮎子
市川和子梅野咲子
矢島ひろ子みどり
潮万太郎大崎部長
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)山上課長
大山建二遠藤署長
伊藤直保トンボのジョー
清川玉枝おかね
半谷光子地下鉄の婦人客
杉森麟地下鉄の男の客
須藤恒子おばあさん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック