ひばり捕物帖 自雷也小判

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

お七は、老中・阿部伊予守の妹姫の身でありながら、捕物稼業に浮身をやつしていた。お守り役の兵馬は、お七を連れ戻そうとするが、素直に屋敷へ帰るお七ではない。二人の口喧嘩の間に、伝馬町の牢屋敷に大事件が持ち上っていた。お七と名のる女が、南町番所与力を通じて牢内に入り、その直後に起った火事の混乱にまぎれ、大塩騒動の残党が逃走したのだ。お七を破牢手引の嫌疑で、南町奉行・甲斐守の捕方がとり囲んだ。これを助けたのは、他ならぬ兵馬だ。お七は、南町番所与力の家に忍びこみ、謎の女が落していった“散らし小判”の小柄を手に入れた。お七の去った後、番所与力と妻女が何者かに惨殺された。お七は“散らし小判の”小柄が浪路太夫のものであることを探り出した。一座の裏口で浪路と話している若者をみて、彼女の目が光った。この若者は、牢破りの大塩の残党・清之助だったからだ。彼の後をつけ、清之助と彼の父との会話をお七は盗み聞いた。それによると、謎の女の顔を見た“三人”を殺そうと狙う残党一味さえ知らぬうちに、その内の“二人”与力夫妻が殺されたというのだ。そして残るは壁善四郎一人、これは残党一味が今夜殺すことになっているということだ。が、その夜清之助一味が、善四郎の駕篭を襲った時には、すでに駕篭の中で惨殺されていた。しかも、一味は黒覆面の一隊に包囲された。清之助一人が辛うじて、逃げのびた。お七は一隊の後をつけたが、途中で発見された。この時も兵馬が現われ、危機を脱した。小柄の持主はやはり浪路だった。恋人の清之助を救うため、お七と名のって破牢の手引きをしたのだ。この頃、清之助は再び捕えられた父を助けるかわりに、浪路を殺すよう甲斐守から命じられていた。清之助は浪路を斬る決心をした。お七が清之助を制止した時、覆面の一隊が現われ、お七・清之助・浪路の三人が追いつめられた。また、兵馬がこの危急を救った。破牢事件につながる殺人事件は、伊予守の失脚を狙う老中・山城守と甲斐守の陰謀であった。お七は浪路を再び舞台に出した。乗りこんできた山城守・甲斐守一派を兵馬とお七の働きで討伐し、その陰謀を暴露した。


解説

ひばりのお七、千代之介の兵馬の「かんざし小判」の捕物コンビが再び登場する時代劇。瀬戸口寅雄の原作を、「希望の乙女」のコンビ笠原良三・笠原和夫が脚色、「不知火小憎評判記 鳴門飛脚」の深田金之助が監督した。撮影は「喧嘩太平記」の松井鴻。「希望の乙女」の美空ひばり、「喧嘩太平記」の東千代之介や里見浩太郎・尾上鯉之助などが出演。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年11月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)阿部川町お七
美空ひばり (Misora Hibari)妙姫
星十郎早耳の五郎八
尾上鯉之助阿部伊予守
喜多川千鶴喜代文
吉田義夫宅悦
杉狂児寺尾十内
凰衣子萩乃
山口勇猫目の権六
富久井一朗チンケの竹
長田健万五郎
円山栄子お久
宮崎照男信吉
花園ひろみ寿々屋浪路
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)清之助
高松錦之助淀野金右衛門
河村満和由利喬太郎
近江雄二郎円次郎
矢奈木邦二郎榊幽学
国一太郎壁善四郎
若水美子市川小えん
霧島八千代小梅
時田一男藤六
進藤英太郎鳥居甲斐守
加賀邦男跡部山城守
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)佐々木兵馬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック