銭形平次捕物控 雪女の足跡

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

師走に平次は伊勢詣りで江戸を留守にした。怪盗団花蝙蝠が千代田城の御金蔵を破るという事件が起きた。八五郎は女目明し石原のお品と力を合せて探索した。花蝙蝠の一団が両替屋松前屋を襲ったとき、八五郎らの機転で袋小路に追いこみ、一味を全滅させた。八五郎らは人気者になり、松前屋の娘、きよら六人の男女奉行から金一封をもらった。八五郎とお品が夜道を襲われ危くなったとき、投銭で救ったのは旅から帰着した平次だった。−−駕かきが雪女を見た。丸い穴の足跡をたどると、おきよの死体が雪の下から現れた。三の輪万七は彼女に惚れた大場弥十郎が犯人だといった。彼は割腹自殺していた。が、平次は他殺と断じた。彼は花蝙蝠一味殺害に協力した者だった。大川端で死体のあがった上総屋のおみねもそうだった。お礼参りか。続いて、例の袋小路が全焼したのだ。平次は一味の首をさらした小塚原へ行き、おれんという鉄火女を見た。−−お光・三吉姉弟がすずめ長屋の伝蔵をたよって江戸へ来た。が、伝蔵は花蝙蝠事件以来姿を消していた。姉弟の話で平次は谷中の妙法寺を訪れた。和尚栄信は伝蔵など知らぬといった。協力者・飛脚の新助が火の見番伍平の火の見櫓の上で惨殺された。−−御金蔵の三方両は以然として出て来ず、南町奉行は若年寄から年内解決を厳命された。協力者・「舟源」の女将おしまが怪漢に襲われたとき、身代りになっていた平次が闘った。賊は煙草入れを落して逃げた。伝蔵は煙草を吸わぬのだが。浅草の掛け小屋の呼びこみに化けていた八五郎に、おれんがひょいと結び文を渡した。栄信和尚から死んだはずの花蝙蝠の首領・伊太郎あてのものだ。大晦日の前日。賊がお光とお品を連れ去った。平次は寺社奉行役人と共に妙法寺へ行き、栄信の死体を発見した。平次が残した例の煙草入れを伍平が忘れたといって取りに来た。浅草の掛小屋が急に小屋をたたみ、西国へ旅立つらしかった。荷物に見せたお光・お品を大川に投げこもうとしたとき、中から平次と八五郎が現れた。首領伊太郎は伍平だった。袋小路の長屋に住む伝蔵が身代りにさらし首にされたのだ。三万両はむろん一行の荷の中にあった。雪女は竹馬を使った伊太郎のこけおどしだった。


解説

野村胡堂の原作を、西村八郎と「赤胴鈴之助 黒雲谷の雷人」の松村正温が脚色、「濡れ髪剣法」の加戸敏が監督した、大映が正月には恒例の銭形平次もの。撮影は「抜き足差し足忍び足」の牧田行正。音楽は「喧嘩笠(1958)」(東映)の鈴木静一。「伊賀の水月」の長谷川一夫を筆頭に、船越英二・香川京子・沢村美智子らが出演。


配給
制作国日本 (1958)
ジャンル 

1958年12月28日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫銭形平次
香川京子 (Kagawa Kyoko)石原のお品
船越英二乾分八五郎
阿井美千子女房お静
中村玉緒 (Nakamura Tamao)お光
浦路洋子おきよ
黒川弥太郎鳥居甲斐守
三遊亭小金馬駕かき鶴
楠トシエ瓦版売りのお仙
三代目江戸家猫八駕かき亀
千葉敏郎浪人大場弥十郎
大和七海路船宿の女将おしま
美川純子おみね
沢村美智子おれん
石黒達也白石十兵衛
香川良介小笠原図書頭
田崎潤 (Jun Tazaki)大和田主馬
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)伍平
春風すみれお春
橘公子上総屋女房おとわ
荒木忍和尚栄信
清水元上総屋惣兵衛
寺島雄作三ノ輪万七
宮坊太郎お神楽の清吉
西岡タツオ良念
原聖四郎笹野新三郎
水原浩一飛脚屋新助
志摩靖彦水野出羽守
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック