いろは若衆 ふり袖ざくら

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

妻恋坂の名物団子屋の伜・菊太郎は、土地の浪人やくざ・犬山権九郎と争い、喧嘩両成敗で江戸追放ということになった。彼は父の手紙を持ち、浜松の親分・仏の銀兵衛の許に向った。道中、歌がとりもつ緑で、菊太郎は鶯の源太という旅鴉と仲よくなった。その二人の胴巻を狙ったのが道中師のお六姐さん、二人は一文無しになったが、ある山中の辻堂でお六を捕えた。が、事情ありげな彼女の態度に、菊太郎はお六を許した。−−同じく江戸を追われた権九郎も浜松へ流れついた。この権九郎を拾ったのが、銀兵衛と対立している天狗屋熊五郎という親分である。さて、お六の事情というのは、浜松の料亭“喜良久”に身を沈めている妹の小鈴を請け出して自由の身にしてやることだった。が、権九郎の目にとまった小鈴は、熊五郎の乾分に連れ去られお六とお六の用心棒の一平太は袋叩きにあった。お六は、菊太郎が身を寄せている銀兵衛の許に駈けこんだ。しかも、熊五郎一家は銀兵衛の賭場にも殴りこみをかけた。銀兵衛も売られた喧嘩は買うことにした。だが、妹を案じるお六の姿を見て、菊太郎は決心した。単身“喜良久”に乗りこんだのだ。だが奸計にたけた熊五郎にはかなうべくもなく、見るも無残に縛り上げられた。その菊太郎を救いに駈けつけた銀兵衛も、後から一太刀で斬られた。菊太郎と源太は、権九郎と小鈴の婚礼が済むまで納屋に放りこまれた。−−絹行灯のなまめかしいあかりが新床の上に落ちて、花嫁衣裳のままの小鈴が座っている。その小鈴に権九郎が襲いかかったとき、太刀先鋭く斬りつけたのは小鈴と入替った花嫁姿の菊太郎だった。菊太郎は女だったのだ。−−娘姿にかえったお菊と、堅気になった源太が江戸に向う。東海道は日本晴れだ。


解説

小川正の原作を、加藤泰と「唄祭りかんざし纏」の大和久守正が脚色し、「旗本退屈男 謎の南蛮太鼓」のコンビ、佐々木康と伊藤武夫がそれぞれ監督と撮影を担当した股旅もの。音楽は「水戸黄門漫遊記(1958 福田晴一)」(松竹)の万城目正。出演は「唄祭りかんざし纒」の美空ひばり、「金獅子紋ゆくところ 魔境の秘密」の里見浩太郎に、花園ひろみ・千原しのぶ・大河内傳次郎らが出演。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年01月09日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)菊太郎
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)鴬の源太
千原しのぶお六
花園ひろみ小鈴
円山栄子お照
浦里はるみお竜
南郷京之助新三
大河内傳次郎仏の銀兵衛
多々良純鐘馗の金兵衛
吉川満子おえい
徳大寺伸俵一兵太
星十郎三次
梅沢昇三右衛門
津村礼司相模屋幸右衛門
加藤武彦清吉
石井一雄 (Kazuo Ishii)健太
凰衣子おちか
岡田孝春坊
楠本健二犬山権九郎
時田一男丑松
団徳麿寅造
沢田清辰吉
原健策天狗の熊五郎
青柳竜太郎 (Ryutaro Aoyagi)鱒吉
大丸巌蛸七
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック