群集の中の太陽

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

城南大学ラグビー部の尾崎、武井、南、大野木の四人は、勝利試合の祝賀会があった料理屋“川清”で、そこの娘洋子を知りお互い彼女に関してはフェア・プレイでいくことを誓った。四人に洋子とその妹雪江、尾崎の妹和子の加わったスキー行をきっかけに、大野木が洋子の心を得、武井と和子、南と雪江がそれぞれ結ばれて、四人は卒業式を迎えた。実業家志望の武井は、昔彼の父に恩をうけた兼村という男をたよって伊豆方面で温泉事業を起したが、大資本の関東開発に売収された兼村のために大失敗した。毎朝新聞記者となっていた尾崎は、関東開発にのりこみ、このことで社長を罵ったことから、大阪に行った武井のあとを追うように大阪転勤を命じられた。経済研究所員となっていた南は結核療養のため故郷飛騨の高山に向った。大野木は宇宙ロケット研究に専心していたが、父を失い破産した洋子は、彼への思いを断って京都に去った。大阪に行った尾崎は、昼は踊りを教え、夜はバーのマダムとして働く洋子を訪ね、さらに武井を探した。武井は敗惨の身をヒロポンにもちくずし、バンドのトランペットを吹いていた。社会探訪で麻薬ルートを追って、武井を発見した尾崎は、郷里で今は僻地教育にうちこんでいる南の詩を、彼に作曲するようすすめたが、武井は権堂一味の麻薬ルートを尾崎に教えて姿を消した。この特ダネのため一味は捕えられた。しかしリンチにあった武井は失明した。権堂を殴った尾崎は、武井の眼となると誓う妹和子や、今は再び結びついた大野木と洋子、そして南と雪江という三組の人達の結びつきをあとに、せまい日本を離れてブラジルに行くことを決意した。朝もやの波止場をあとに、尾崎の船は出航する。六人を代表する大野木と、涙にうるむ洋子の眼が、遠ざかる尾崎の姿を見送った。


解説

「旋風家族」の共同執筆者・池田一朗と井上梅次の脚本を「嵐を呼ぶ友情」の井上梅次が監督した青春ドラマ。撮影も「嵐を呼ぶ友情」の高村倉太郎。


配給日活
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年03月18日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
小林旭 (Akira Kobayashi)尾崎英次
葉山良二大野木隆
小高雄二武井健一
沢本忠雄南洋一郎
浅丘ルリ子 (Asaoka)榊原洋子
清水まゆみ榊原雪江
白木マリ尾崎和子
夏今日子伊藤ありさ
松本染升南圭介
高野由美武井由枝
安部徹 (Tooru Abe)旗志郎
植村謙二郎兼村
金子信雄 (Nobuo Kaneko)権堂
高品格安川
山田禅二伊藤
小泉郁之助榊原清三
天草四郎榊原清一郎
芦田伸介永野社会部部長
柳瀬志郎木下先輩
雪丘恵介高木教授
河上信夫警察課長
鴨田喜由警察主任
弘松三郎不動産部長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック