二等兵物語 万事要領の巻

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和二十年の早春。古山・柳の両二等兵は、南方派遣の途中で輸送船が沈没、漂流中を渋川隊の飛行機に助けられた。二人は物資豊富な基地を見て航空兵に魅せられ、万事は要領と烏山大尉にワイロをつかませ、古山は整備員に、柳は無線工手に転属した。さて、柳は基地の近くにすむお春を知り、ともに大阪人のよしみで親しくなった。古山はお春の娘のみどりに一目ぼれしてしまった。お春に飛行学校在学中の加島という恋人があることも知らずに。突然の空襲−−古山が機内で整備中とも知らずに、機は飛び立った。操縦者は死に、機はキリモミ状態で落ちたが、古山は基地からの無線による指図通りに操縦し、無事着陸した。古山はそれ以来航空熱にうかされ、飛行学校を受験したがタンクに入れられた途端目を廻して落第。その上みどりに恋人があることを知ってガックリした。−−沖縄方面に敵機動部隊との報に特攻隊は出撃した。だが加島は途中で不時着し、巡視艇に救われて帰って来た。加島が空母を撃沈したと報告した隊長は、嘘がバレては大変と、彼を憲兵隊へ渡した。そして、加島は病院に軟禁された。古山は加島をみどりに会わせてやろうと奇計を用いて脱走させた。が、たちまち二人はみつかった。加島と、彼に同情した吉田少尉は特攻出撃を命じられた。翌朝、二機は進発を始めたが、加島機は間もなくパンク、一機だけで飛び立った。古山と柳が釘をしかけたのである。そして、飛んだ飛行機には古山が乗っていた。無線と拡声機をつながせた古山は、上空から悪事を暴露、烏山と渋川に急降下の反復攻撃を−−。古山機は、やがて南の空に消えていった。


解説

おなじみ二等兵物語シリーズの第七話で、今回は航空隊が舞台。梁取三義の原作を「二等兵物語 あゝ戦友の巻」の安田重夫が脚色、「かた破り道中記」の福田晴一が監督、「伝七捕物帖 女肌地獄」の片岡清が撮影した。


配給松竹
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年04月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
伴淳三郎古山源吉
花菱アチャコ柳一太郎
川口京子みどり
浪花千栄子お春
大邦一公甚太郎
毛利菊枝さよ子
桜むつ子秀子
関千恵子美代香
伏見恵子福竜
千典子小寿々
宇野博信信二
石黒達也倉西参謀
戸上城太郎渋川少佐
阿部修松本大尉
林彰太郎秋田大尉
山路義人烏山大尉
森川信日野大尉
中原伸上田中尉
中山昭二加島少尉
小笠原省吾吉田少尉
関口悦郎橋田少尉
南泰介成山軍曹
天王寺虎之助西村軍曹
館敬介川北軍曹
西川ヒノデ浜田軍曹
カトウハジメ佐藤伍長
乃木年雄今村伍長
田中敬介松田伍長
宮坊太郎関口伍艮
トニー谷広岡一等兵
サトウ・サブロー関口二等兵
生方功烏山隊付山本少尉
天野刃一石垣准尉
立原博原田憲兵曹長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック