月見草

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

高木修一は大学受験のため上京することになった。修一には岩佐恭子という女友達がいた。姉の順子、弟の健次らに送られて修一は発った。恭子は寂しかった。修一が去った後、健次と恭子は会う機会も多くなった。健次は恭子の縁談を耳にした。詰問すると恭子は否定した。しかし恭子に縁談が起っているのは事実だった。健次は上京して兄を訪れたが修一は恭子の話を避けた。恭子の父、仙兵衛が暴風で難船して重傷を負った。恭子の母は家のために縁談を承諾した。恭子は上京して修一を訪れた。しかし修一はやはり冷たかった。学業のため、修一は恭子を忘れようとしていた。恭子と健次の心は次第にふれていった。一年経って修一が帰郷した。健次は兄と恭子のために奔走したが、だめだった。健次は恭子がいとしかった。修一も恭子の母も、健次と恭子の仲に反対した。結婚の日取りが迫っていた。健次は恭子の母の手前、恭子をあきらめた風を装った。何も知らない恭子は絶望した。恭子は短い一生を自ら終えてしまった。恭子の死に修一と健次は泣いた。


解説

新人大島渚のオリジナル・シナリオを、新人第一回の岩城其美夫が監督し、「新婚列車」の井上晴二が撮影した青春編。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年05月12日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
山本豊三高木健次
清川新吾高木修一
鳳八千代高木順子
磯部玉枝高木厚子
北竜二 (Ryuji Kita)高木幸造
岡村文子高木ちづ
十朱幸代 (Toake Yukiyo)岩佐恭子
田村保岩佐仙治
桜むつ子岩佐たつ
坂本武岩佐仙兵衛
菅佐原英一久原芳雄
斎藤充弘加藤
松沢英夫塩見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック