素晴らしき娘たち

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

紡績工場−−今日も精紡機は、轟々と運転を続けている。その歯車の一つのように、女子工員たちもめまぐるしく働く。もちろん、機械にも時々故障が起る。それを修理する保善工の上村は、同じ保善工の高橋と、サークル活動で人形劇に熱を入れていた。上村は、女子工員たちの憧れだった。よねがふと口にしたことからよね、キチ、茂子、圭子、和子の間に約束ができた。上村と、闇取引き、抜けがけの恋愛はしないという約束である。正月休み。南アルプスの白峰に囲まれた村落がキチの故郷である。帰ったキチに、思いがけない縁談が待っていた。キチは、きっぱりと断った。休みは終った。突然一つの恋愛がもち上った。正月の集りが上村の下宿で行われた時のこと、高橋が宣言したのだ。「俺、よねちゃんが好きだ」よねの心は動揺した。二人の心は急速に近寄った。結婚式は保育所でやることになった。「二人の結婚のしるしに、一つのリンゴを噛ってもらいます」という上村の発言と同時に、紐に結ばれたリンゴが花嫁花婿の間に降りてきた。二人はリンゴに飛びついた。が、リンゴは引き上げられた。二人の唇が思わず触れ合った。キチがかげでリンゴを繰っていたのだ。上村とキチの案だった。この案は喝采をあびたが、約束が破られたと茂子たちとの間が気まずくなった。キチの許へ母から便りがあった。例の縁談のことをもう一度言ってきたのだ。思いがけない災難がキチを見舞った。一瞬の隙に運搬車にはねられたのだ。“私は上村さんが好きだ”キチは夢の中でいくども叫んだ。よねはキチの苦しい立場を三人の友に訴えた。茂子の口許がほぐれると、四人は勢いよく病院へ走った。−−轟々と回転する精紡機。その間を走る無数の糸。それは働く人たちの前途を祝福するかのように、力強い規則の中を流れていく。上村やキチたちの人生はここから始まるのだ。


解説

紡績工場を舞台に、そこに働く若者たちの青春を謳歌したドラマ。「こだまは呼んでいる」の棚田吾郎と、広渡常敏のオリジナル・シナリオを、「裸の太陽」の家城巳代治が監督し、「旋風家族」の藤井静が撮影した。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年06月16日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
丘さとみ西形キチ
中原ひとみ和田よね
岩崎加根子三並玉枝
小笠原慶子小川茂子
正城睦子及川和子
熊谷素江唐沢圭子
山東昭子 (Akiko Santou)佐藤わか
川村裕子内田ノブ
谷本小夜子平山もと
伊藤慶子牧野澄子
光岡早苗柳下ひろ
徳永街子岩間美津子
石橋暁子今泉秋子
高橋京子 (Kyoko Takahashi)田中リン
八百原寿子深田絹代
浦野みどり清水てる子
星美智子今井鶴子
今井俊二上村信吉
江原真二郎高橋清太
東野英治郎 (Eijiro Tono)権堂精治郎
岡田英次 (Eiji Okada)小田切
小塚十紀雄工場長
神田隆神戸
風見章子堀越
冨田浩太郎塚口
織本順吉 (Junkichi Orimoto)山沢
杉義一吉田
山形勲西形安次郎
田中絹代 (Tanaka Kinuyo)ステ
毛利菊枝テル
織田政雄西川徳蔵
岡野耕作松本仁三郎
戸田春子機屋のおかみ
石島房太郎高橋の父
原ひさ子高橋の母
島田屯よねの父
檜有子よねの母
片山滉医者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック