パレットナイフの殺人

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

新進画家松村武は本荘氏の未亡人悠紀子の肖像画を描いていたが、従軍を断ったため悠紀子に恋慕する特高係岩崎中尉のトリックで憲兵隊特高係に拘引され投獄された。戦争も終わって松村は釈放され岩崎は公職を追放された。松村は描きかけの悠紀子の肖像画を続けることにした。相寄る二人の魂を嫉視した岩崎は松村を悠紀子に中傷するが悠紀子は岩崎の出入りを断った。それからは岩崎の執拗な監視の目が二人に対して向けられる。悠紀子の嘆願で松村はある朝九時に悠紀子を連れ出す事を約束する。松村の訪れる前悠紀子を襲った岩崎は悠紀子を絞殺してしまう。そして彼女の胸にクッションをあてパレットナイフで刺した。後刻松村が悠紀子の室を訪れて悠紀子の死体を見て呆然としているところを女中のひでに発見される。急報に接した川野警部は早速取り調べにかかるが巧みな心理試験で川野の主張するアリバイを偽りと断定し不利に陥っていた松村の立場を恢復し真犯人岩崎をして自らの命を断たせるのであった。


解説

「夜光る顔」に次ぐ久松静児監督作品。


配給大映
制作国日本 (1946)
ジャンル 

1946年10月15日より



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
録音
照明

キャスト

俳優名役名
宇佐美淳也川野警部
植村謙二郎松村武
小柴幹治 (Kanji Koshiba)岩崎啓一
小牧由紀子本荘悠紀子
西條秀子真田数枝
平井岐代子幸子
花布辰男清水刑事
若原初子本荘家女中ひで
飛田喜佐夫本荘家書生隅田
上代勇吉捜査課長
松原輝夫憲兵
城廉太郎憲兵
黒騎進山田警部
伊達正アパート管理人
香取三平明星クラブボーイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック