お染久松 そよ風日傘

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

美しく飾った野崎詣りの舟がゆく。その中に一きわ人目を引く晴れ姿の油屋お染、丁稚の久松に舟をひかせてうっとりとしていた。久松の野暮な声で夢を破られたお染はクサって久松を池の中へドボンと落した。家に帰るとお染に首ったけの山家屋のドラ息子清吉が待っているし、兄貴の多三郎は女遊びの金に困ってお染の晴着を盗み出すし、お染は憂うつになってしまった。占ってもらうと、お染は間もなく世紀の大ロマンを展開するという卦が出た。折も折、二百両届けないと兄貴の命がないという手紙が舞い込み、油屋一家は大騒ぎ。久松の大活躍で解決してみると、金に困った兄貴が町のゴロツキと組んだお芝居だということが分った。世紀の大ロマンは本当に始まった。お染が久松の活躍ぶりに惚れ込んでしまったのである。久松には野崎村の実家に許婚のお光がいた。しかも金策に失敗した兄貴が悪旗本の鈴木弥忠太が質入れした家宝の刀を盗み出したので、お染は山家屋のドラ息子と結婚しなければならなくなった。実はこれも兄貴、ドラ息子、ゴロツキらの仕組んだ芝居だった。久松は土蔵へ押し込められた挙句故郷へ帰され、お光と結婚することになった。お染もドラ息子と結婚させられることになった−−しかし世紀の大ロマンはやはり本当だった。お染久松の野崎詣りの晴れ姿が見られたのはそれから間もなくだった。


解説

瀬戸口寅雄の原作を「右門捕物帖 片眼の狼」の共同執筆者・鷹沢和善が脚色し、「お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷」の沢島忠が監督したミュージカル時代劇。撮影は「あばれ街道」の伊藤武夫。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年07月07日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)お染
美空ひばり (Misora Hibari)お光
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)久松
進藤英太郎久作
田中春男多三郎
浪花千栄子お種
杉狂児善助
夢路いとし糸吉
喜味こいし鯉平
花房錦一長吉
浜恵子お政
瀬川路三郎山家屋清左衛門
徳大寺伸清吉
沢村宗之助鬼門の喜平
星美智子土手のお六
国一太郎丑五郎
木島修源太
原健策鈴木弥忠太
尾形伸之介鵜飼九十郎
中村時之介富岡信左衛門
加藤浩仁木藤兵衛
八汐路恵子橋本屋の女将
雪代敬子小糸
赤木春恵およし
星十郎占師
金剛麗子女占師
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)与作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック