旗本退屈男 謎の大文字

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

三日月傷の旗本退屈男、早乙女主水之介は、彼をとりまく木場の彦六、肘鉄おきん、上総生れの武骨侍堺田五郎衛門らとともに謎の解明にのり出した。薩摩藩主島津少将忠恒の屋敷を尋ねて入洛した息女霧姫と侍女小篠が、家中の侍に追われて誠忠の士である家老島津豊後のもとに監禁された謎。島津公が屋敷に姿を見せず、島津家菩提寺紫野の正徳院で、右大臣姉小路通季卿が遭難した謎。しかも島津公は正徳院にひそんでいるとの噂である。正徳院の瓦がすべて鉛で作ってあるのを知り、皇居の天守閣と寺院の僧兵の間に信号がかわされているのを見た退屈男は、事の重大さを悟った。怪人物達に襲われた霧姫を救った退屈男は、姫を侍女とともに農家に隠した。そこにやってきた島津藩士笠貫新八の口から、所司代内藤大和守が島津公を抱きこんで、徳川への謀反をたくらんでいることが解った。密貿易の罪をおかして幕府よりの処罰を恐れた大和守が、島津家先祖による軍備のためのたくわえをいいがかりに、自分の謀反への加担を島津公に迫っていたのである。父を心配する姫と、主君を案ずる笠貫の心にうたれた退屈男は、わざと自分を笠貫に捕えさせて、所司代家敷の座敷牢に虜われの身となった。遂に謀反の日の朝がきた。一味は僧兵を従え、島津の精鋭を先頭にたて、武断派の堂上人を加えて、帝を薩摩に奉じて事を起そうとする挙に出た。この時、かねて座敷牢で様子をうかがっていた退屈男は、たちまち破牢して謀反の一味を追い、進撃しようとする軍勢の前に立ちふさがった。島津公を前にして、早乙女主水介は、所司代内藤大和守のたくらみをあばいた。島津公を説得した退屈男は、帝のお駕籠にかわりにのりこんで、大和守の軍勢と僧兵たちの前に現れ、一味の陰謀をはばみ、大活躍のすえ、これを未然に防ぎとめた。


解説

佐々木味津三の原作を、「たつまき奉行」の鈴木兵吾が脚色し、「おしどり道中」の佐々木康が監督した、おなじみ旗本退屈男シリーズの一篇。撮影は「ふたり若獅子」の松井鴻。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年06月28日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門早乙女主水之介
益田喜頓堺田五郎衛門
堺駿二木場の彦六
青山京子肘鉄おきん
宇佐美淳也島津少将忠恒
丘さとみ霧姫
長谷川裕見子小篠
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)島津豊後
尾上鯉之助笠貫新六
立松晃中牟田十郎太
徳大寺伸権藤隼人
国一太郎獅子田藤馬
丘郁夫山崎弥一郎
長島隆一長次
山形勲内藤大和守重頼
阿部九洲男仙石内膳正
楠本健二鳥尾重四郎
北大路欣也 (Kinya Kitaoji)万里小路道麿
大河内傳次郎姉小路通季
松本克平中御門宗房
高松錦之助中の院康平
有馬宏治柳原公資
百々木直覚雲大僧都
大邦一公松平伊賀守
関根英二郎大庭山城守
月笛好子お美乃
吉田江利子角屋主人
木島修所司代牢番
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)笠貫新八
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック