愛を誓いし君なれば

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

◇前篇・青い真珠−−志摩半島の英虞(あご)港。山岸真珠工場に、美しい姉妹がいた。桂子と早苗という。長女は結婚式が間近かだ。−−工場に、勝又という見知らぬ男が現れた。彼は東京から来た。妻に逃られて以来人が変った。中小企業の山岸工場を手に入れるために来たのだ。山岸の長男・良一は道楽息子で、百合江という女に夢中になっていた。勝又は良一の持ちだした工場の権利書を百合江から受けとった。百合江は代金で名古屋にソープランドを開いた。良一を怒った父が急死した。桂子が破談になった。早苗の恋人、学生浩介はその父と衝突して姿を消した。−−桂子は勝又の仕業に殺意を持った。しかし、彼の前に出ると何も出来なかった。数日後、母を残して姉妹は郷里を離れた。勘当された良一は名古屋で百合江を探しだし傷つけた。女に男がいたのだ。新聞に出た。早苗は名古屋の浩介の学校へ行ったが、退学したあとだった。−−浩介は、東京の下町で自動車修理工場に勤めていた。工場主辰五郎から息子のように可愛がられた。浩介は事故の車を助け、その令嬢照美と知り合った。彼女は盛んに彼を訪ねた。父は運送会社の社長だったという。早苗は上京し、叔父の不動産業の店を手伝った。叔母から冷遇された。桂子も東京にいた。小料理屋で働く。土地のヤクザ阪東組の兄貴分有賀が彼女に目をつけた。危いところを、姐御の蘭子が救った。郷里では、母が病気になってしまったという。◇後篇・愛のこだま−−浩介は仕事の途中、良一を見た。彼は釈放された後、東京でタクシーの運転手をしていた。浩介は山岸の一家四散を良一に知らせた。良一は責任を痛感したという。早苗は借家探しにきた礼子という女と知り合い、一緒に暮した。礼子はキャバレーの歌手だ。早苗もキャバレーにつとめたが、失敗ばかりだった。純情の故だという。女マネージャーからつらくあたられた。それは百合江だった。キャバレーの社長は勝又だった。早苗を百合江からかばってくれた。彼の仕業を何も知らぬ早苗は彼に好意を抱いた。桂子は銀座裏のバーでやとわれマダムをしていた。蘭子の経営だ。裏は賭博場に通じ、有賀たちが出入していた。桂子には手が出せない。なぜなら、蘭子の目が光っていたから。勝又がこの競争相手のバーを買取りにやってきた。桂子が応待した。動揺した心が虚勢を張らせた。彼の所業をなじる。勝又は新興財閥の命令だといった。賭場に手入れが近いから、手を引いた方がいいとつけ加えた。浩介は照美から求愛されていた。野球を見に行く。反対側のスタンドには早苗が勝又に連れられてきていた。場内放送が浩介の名を告げた。早苗が駈けつけた時、すでに浩介の姿はなかった。が、希望が芽生えた。数日後、礼子とレコード会社に行った時、通りがかった浩介と再会できた。が、辰五郎が二人の仲に水を差した。照美から大金を渡されたのだ。自分の工場が彼女の父の運送会社に関係がある故もあった。浩介の留守に、彼は早苗に浩介の養子先が決っていると告げた。早苗は自殺を思い、上高地へ向ったという。勝又は桂子をかばい有賀たちに撃たれて負傷した。桂子と共に上高地にいた。桂子はすでに彼を愛していた。早苗は明神岳を登る。浩介が追ってきた。良一とヨリを戻した百合江から行先を聞いたのだ。彼はむろん彼女を救いだし、抱きあったという。


解説

雑誌平凡に連載された小糸のぶの原作を、「夫婦合唱」の田畠恒男が脚色・監督したメロドラマ。撮影も「夫婦合唱」の布戸章。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年07月25日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
牧紀子山岸早苗
小山明子 (Koyama Akiko)姉桂子
南原伸二兄良一
夏川静江母しづ
永田靖父英二郎
石浜朗真木浩介
浦辺粂子母よね
大木実勝又
福田公子百合江
永井達郎園田運送社長
瞳麗子娘照美
島倉千代子礼子
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)浅草辰五郎
大泉滉佐久間
高橋とよ (Toyo Takahashi)妻たね
諸角啓二郎有賀
水戸光子蘭子
水島光代大月香代
小林十九二飛田
山田修吾岡村養殖場長
川村耿平従業員松井
人見修従業員吉村
鬼笑介番頭竹田
水木涼子竹田の妻正子
稲川善一酒巻
長谷部朋香トルコセンターの山中
小野良阪東組の政坊
藤田貢阪東組の金やん
遠山文雄学生課々員
川村直巳神谷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック