サザエさんの新婚家庭(スイートホーム)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

サザエさんは念願かなってフグ田くんと結婚した。二人は磯野家、即ちサザエさんの実家に同居することになったが、おかげで二人の新婚生活はさんざんなものになってしまった。二人で楽しむべく小遣いを減らしてようやく買ったテレビは、カツオやワカメを始め近所の人が押しかけて来て、二人は見る場所もないという有様だった。マスオくんのお母さんが送ってくれたお菓子もカツオやワカメに攻撃されてしまうし、二人で映画を見ようと抜け出せば、必ずカツオとワカメに見つけられた。マスオくんの妹タイ子さんがカツオやワカメの面倒は見るからとキャンプに誘いに来た。大喜びで出かけたものの、キャンプ場では隣のテントの学生に缶話やお金をたかられて大損害だった。川辺でやっとマスオ君と二人きりになれたと思うや、カツオに食用蛙でいたずらされ、あわてたサザエさんはマスオ君を川の中へ突き落してしまった。家へ帰るとお母さんが入院して大騒ぎだった。家事一切を任されてサザエさんの毎日はがぜん忙しくなった。社宅の世話を頼みに行った蛭田課長の家では課長をマスラオ派出夫と間違えるという大失敗をした。その頃、マスオくんは会社の同僚から未亡人鮎子さんの就職の世話をたのまれた。夜が遅くなったりバーのマッチを持って帰るマスオくんをサザエさんは怪しく思った。若い女性と肩を並べて歩いているマスオくんを見るにおよんで、サザエさんは離婚を決意した。仲人の山中老人を訪れると、山中家も喧嘩の真最中、仲裁に入ったサザエさんは喧嘩のつまらなさを悟った。間もなくマスオくんは秘書課長に出世、おまけに社宅まで当ってしまった。今度こそ二人だけの新婚家庭を設計すべく、サザエさんはマスオくんと仲良くトラックで引越して行った。


解説

サザエさんシリーズの第六話。長谷川町子の漫画をもとに、「森の石松幽霊道中」の笠原良三と、「青春の丘の上」の蓮池義雄が脚本を書き「大学の28人衆」の青柳信雄が監督した。撮影は「銀座のお姐ちゃん」の完倉泰一が担当した。


配給東宝
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年08月23日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
江利チエミ (Chiemi_Eri)サザエ
小泉博フグ田マスオ
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)父親
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)母親
白田肇カツオ
猿若久美恵ワカメ
雪村いづみ花村むつみ
白川由美タイ子
柳家金語楼山中老人
森川信歌子
江原達怡辰野
加藤春哉鈴木
伊藤久哉富岡
安西郷子悦子
沢村いき雄蛭田
藤間紫蛭田夫人
北川町子 (Machiko Kitagawa)鮎子
八波むと志鯖江
逗子とんぼ梶本
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)草谷
一の宮あつ子名胡夫人
大沢健三郎タカシ
丘寵児病院の主治医
平凡太郎メートル調べの男
谷村昌彦巡査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック