べらんめえ探偵娘

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

共立探偵社の女探偵恵美子は、料亭「川村」の娘芳子の身上調査のため、女中に扮して「川村」へもぐりこんだ。ある夜、芳子は恵美子を誘って町へ出た。芳子はヌードスタジオに入った。トレンチコートを着た男が出没した。何者か。この男英介は恵美子のアパートまでもさぐり始めた。芳子の周囲から手を引けと命令して去った。恵美子は、芳子が「川村」の主人の隠し子であることを知った。そして、芳子の誕生の秘密は実母の妹芸者であったという小吉がよく知っていると聞かされた。その小吉が殺されたのだ。−−恵美子は、芳子のボーイフレンド一郎に会った。一郎の話によると、芳子は実母に会いたいため小吉を訪れていたが、却って小吉に利用され金銭をまきあげられていたという。一郎と恵美子は、芳子の実母が経営するホテル「山水閣」へ向った。実母のとめは入院中だった。支配人和久沢の様子がおかしかった。院長の話によると、とめの作った遺言は全財産を芳子に贈るということだった。病室で奇怪な音がし、とめが死んでいた。英介が現われた。彼も私立探偵だった。芳子が行方不明になった。恵美子と一郎は、和久沢の仕業と睨んだ。クラブ“城”のショーに出演し、これを探ろうとしたが、見破られ閉じこめられた。しかし、売店の宏子の気転で二人は救われた。同じ頃、芳子を乗せた自動車が走っていた。英介の車がこれを追跡する。乱戦の末、芳子は助け出された。遺産をめぐる事件で、首領は周東という男だった。彼らは、とめ亡き後の経営管理に当る披露パーティを開いていた。恵美子は芸者に扮して乗りこんだ。やがて、仮装の面を取って、一味の悪をあばいた。英介や一郎らが協力し、一味は捕えられた。


解説

「ひばりの花形探偵合戦」の姉妹篇で、ひばりが江戸っ子探偵に扮して活躍する娯楽映画。「いろは若衆 花駕篭峠」のコンビ笠原良三と笠原和夫の脚本を、「埠頭の縄張り」の佐伯清が監督し、「月光仮面 悪魔の最後」の西川庄衛が撮影した。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年09月23日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)相川恵美子
木村功等々力英介
白河道子川村芳子
小野透北島一郎
加藤嘉川村金八
三條美紀川村粂子
原国雄川村勉
神田隆吉岡
藤里まゆみ相川晴江
波島進三島隼人
須藤健千代松
三浦光子 (Mitsuko Miura)栗原とめ
悠玄亭玉介徳さん
岸井明清さん
北川恵一昇一
楠トシエ栄子
光岡早苗千鶴子
山本緑光江
田中和子牧子
峰博子宏子
友野博司花井
植松鉄男青山
花房千晴明美
浦野みどり友子
石島房太郎弥作
不忍郷子つね
吉川満子辰子
伊藤慶子高子
佐々木孝丸周東
清水一郎和久沢
故里やよい羽田らん子
飯島与志夫柴崎
利根はる恵小吉
曾根晴美瀬良
天草四郎大野助次郎
日尾孝司仲間A
須賀良仲間B
藤本賢仲間C
山内修仲間D
大東良かつぎ屋
沢彰謙ヌードスタジオの客引き
石川絹子モデル女
霞凉二ホテルのボーイ
岡田敏子照子
白河青峰アパート管理人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック