歌麿をめぐる五人の女(1959)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

日本橋の裏通り金兵衛長屋に住む浮世絵師喜多川歌麿は、美人画で名声をあげていた。長屋に住むおかくの娘お蝶は、歌麿のモデルになって有名になりたいと考えた。同じく金魚売りの孫娘お雪は、歌麿のフアンで身の廻りの世話をしている。歌麿の名声を快く思わないのは、松平周防守お抱えの狩野栄川を中心とする狩野派の連中である。一日、栄川の門弟に追いかけられ、歌麿はおかくの家に隠れた。お蝶は、チャンス到来と、庭先で行水をする。歌麿は筆を取った。俄然、お蝶の人気が出た。同じ長屋に住む浪人の野平軍六は仕官のあてもないその日暮しの生活をしていた。歌麿は軍六の妻のおたみの肢体に目をつけた。モデル料が一両と聞いて、おたみは意を決した。−−その頃、イベリア国から将軍家の上覧に供しようと曲芸団の一行が訪れた。周防守の屋敷で、イベリア使節団接待の宴が催された。腰元五十人に紅白の腰巻をさせ、庭前の池に放った鯉を掴まえさせるという行事が行われた。歌麿は、周防守邸にもぐりこみ、これを描いた。「鮑取りの海女」の絵は大好評だった。おたみは、モデルをつとめるうちに、歌麿の真摯な態度にひかれ、いつしか思いを寄せるようになっていた。しかし、罪悪感から解放されなかった。歌麿は多額の金を与え、おたみと別れた。この歌麿とおたみの間を喚ぎとったお雪は絶望し、甚八のすすめる縁談を聞き入れた。ある夜、歌麿の家に怪漢が忍びこんだ。酒に正体をなくしている歌麿の、彼の生命ともいうべき右手の骨をうち砕いていった。歌麿は狂乱した。お雪の心は動揺した。婚家先へ着いた花嫁姿のお雪。しかし、お雪は身をひろがえして家を飛び出した。歌麿の胸もとにくずれた。彼女は「お師匠さん、お雪が手になってあげます」と叫んだ。歌麿の目からも涙が流れた。


解説

美人画の喜多川歌麿と、彼をとりまく女性たちの生態を描いた娯楽時代劇。脚本・監督は「一刀斎は背番号6」の木村恵吾。撮影は「町奉行日記 鉄火牡丹」の今井ひろし。


配給大映
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年10月11日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫喜多川歌麿
淡島千景 (Chikage Awashima)おたみ
中田康子たまき
淡路恵子 (Awaji Keiko)おとせ
野添ひとみお雪
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)小はん
毛利郁子小車
春川ますみ (Masumi Harukawa)お蝶
美川純子町娘お俊
矢島ひろ子滝川
倉田マユミ瀬川
山茶花究金兵衛
清川玉枝おかく
見明凡太朗 (Bontaro Miake)甚八
河津清三郎狩野栄川
加茂良子芸者はん太
緑美千代芸者しづ吉
浜世津子芸者小ひな
若杉曜子此糸
近江輝子おしげ
小林加奈枝新造おたね
金剛麗子おくま
清水元兼吉
沢村宗之助松平周防守
本郷秀雄新助
寺島雄作白雲堂
上田寛仙山
丸山修野平軍六
嵐三右衛門水野筑前守
東良之助栗田丹左衛門
尾上栄五郎田川玉川
南部彰三いせ屋源兵衛
伊達三郎 (Saburo Date)大場春川
寺島貢刺青師権次
原聖四郎赤堀源左衛門
酒井三郎鳥居松庵
藤川準
堀北幸夫中間
清水明羅漢の安
三浦志郎門番
越川一中間
三上哲駕の殿様
沖時男武士
大杉潤武士
安田祥郎魚屋
小南明中間
遠山金四郎小猿の三太
浜田雄史佐官
村上邦彦小坊主
小柳圭子鶴半の女中おなつ
高原朝子鶴半の女中おせん
滝のぼる女房
本間瑛子芸者吉や
和田房子芸者ちよ子
里中位子芸者小いと
谷口和子芸者お津賀
松軒くみ子少女お松
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック