空港の魔女

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

国際空港羽田に贋ドルが流通した。三文業界新聞“経済週報”の青年社長芦沢良平は、なぜか贋ドルに激しい執着を見せる。彼は贋ドル容疑で逮捕されていたという落合のアパートを訪れた。が、落合は殺されていた。芦沢はその場に居合せたことから殺人容疑で拘置された。面識のある部長刑事宮内の取調べを受け、釈放された。彼は羽田のロビーで見たソリスター利恵に惹かれ、彼女の勤務先に行った。芦沢の目的は、闇ドルのルートを利恵からさぐるためだった。利恵の周辺を洗い、彼女が贋ドル一味にかかわりを持っていることをかぎつけた。芦沢は競馬、ダイス、ゴルフと利恵をたくみに誘った。隙を見て十ドル紙幣を彼女の持ち物の中から盗んだ。宮内刑事にその鑑定を依頼した。贋ドルだった。利恵から呼び出しを受けた。“あんたの贋ドルへの執着はお金だけが目的?”彼女は赤いカクテルを唇に運びながら言った。芦沢は利恵への愛を感じた。利恵は日東商事との取引額一億二千万円を握って海外へ逃げることをもちかけた。取引の夜、ホテルの一室で北部航空代理店丸の内支店長の川西と利恵が、三十万ドルの贋札を抱え、時の経つのを待っていた。ボーイがウィスキーを運んで来た。ボーイを買収した芦沢だった。川西はそのウィスキーを飲み、倒れた。利恵は日東商事をもだまし一億二千万円を掌中にした。出発の夜、二人は羽田に姿を現わした。サンフランシスコ行は出発が三十分延びた。芦沢は心の中でこの背信と闘っていた。やがて、芦沢は利恵に花を買うと偽ってロビーの赤電話にしがみついた。が、そこには宮内刑事がいた。利恵は芦沢の姿を探しながらタラップを昇った。一瞬、利恵の上体がのけぞった。殺し屋に狙われたのだ。殺し屋も逮捕された。芦沢は、贋ドル事件で死んだ妹に対して仇討ができた。しかし、彼の心は空虚だった。


解説

三文業界新聞の一青年社長と贋ドル密売の女との葛藤を描いたドラマで、「七つの弾丸」の橋本忍と、国弘威雄のオリジナル。「べらんめえ探偵娘」の佐伯清が監督し、「父と娘」の三村明が撮影した。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年11月22日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
高倉健 (Ken Takakura)芦沢良平
久保菜穂子甲田利恵
星美智子島本久子
織田政雄伊東
加藤嘉宮内
織本順吉 (Junkichi Orimoto)横井
堀雄二川西
飯島与志夫八代
須藤健花井
柳永二郎毛利
永島明森村
清水一郎落合
三條美紀政江
増田順司丸物誠券株式会社株式部長
花澤徳衛タクシー運転手
藤里まゆみタクシー運転手のおかみさん
清村耕次バーテン
三瀬滋子空港ネクタイ売場女店員
沢彰謙空港写真材料店店主
友野博司空港写真材料店店員
北山恵一空港案内所係員
姿年子空港花屋の店員
北川達也空港職員
高田博高津署刑事A
安藤三男高津署刑事B
牧野狂介高津署警官
松本克平警視庁第三課々長
滝沢昭警視庁第三課贋幣係々長
岩上瑛警視庁第三課贋幣係刑事A
南川直警視庁文書鑑定課係員
曽根晴美横浜税関職員A
岩城力横浜税関職員B
小塚十紀雄日東商事経理課長
士山政志日東商事経理課員
北原通子東洋物産女秘書
小金井秀春大阪食料品店主人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック