べらんめえ芸者

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

小春姐さんの親父政五郎は大工の棟梁で昔気質の頑固者である。その政五郎に弟子入りしたいというのが大学出のインテリ健一だ。平和建設社長竹田熊吉の一人息子だが、国際建築博覧会に出品する茶室の設計図の件で、親父と衝突し家を飛出したのである。健一と小春は宴会の席での顔なじみだった。が、政五郎と熊吉はかつての大工仲間だったのだ。政五郎は健一の弟子入りをはねつけた。というのは、以前、小春が呉服商太市郎の息子正雄を預るという条件で、政五郎を平和建設に太市郎を通して就職の依頼をしたのだ。社長風を吹かせる熊吉の態度に政五郎はカンカンだった。しかし、健一はかまわず政五郎の家に居すわった。健一はよく働き、政五郎に気に入られるようになった。小春は健一が好きになったようだ。が、熊吉は小春に健一には関係のあった女がいると言った。小春はうっかりそれを信じ、健一を家から追い出した。−−政五郎の作った茶室の雛型が評判になり、ニューヨークの展示会に本建築で出すことに決まった。しかし、設計図を政五郎が宝建設の請負土建業者白木に貸してしまい、その上何者かの手によって雛型が壊されるという事態が持上った。平和建設の競争相手の宝建設があやしい。小春、健一、政五郎らが社長の千田に詰めよっているところへ、刑事が踏みこんだ。破壊作業を宝建設から強制された一人が、自首したのである。これを機に、熊吉と政五郎の仲も円満におさまった。小春と健一の新婚家庭が見られるのも間近いようだ。


解説

美空ひばりのべらんめえシリーズの第三作。「いろは若衆 花駕篭峠」のコンビ笠原良三と笠原和夫の脚本を、「ふたりの休日」の小石栄一が監督し、「べらんめえ探偵娘」の西川庄衛が撮影した。


配給
制作国日本 (1959)
ジャンル 

1959年12月06日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)小春
志村喬政五郎
江原真二郎竹田健一
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)竹田熊吉
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)竹田清子
小野透勝本正雄
十朱久雄 (Hisao Toake)勝本太市郎
岡村文子勝本すみ
三浦光子 (Mitsuko Miura)浜竜
星美智子桃千代
藤井薫子ぶん子
阿久津克子まり子
光岡早苗のぶ江
桂京子芳江
花房千晴玉乃
田中和子小鈴
田中恵美子初栄
白河道子染菊
不忍郷子しげ
吉川満子秋山さと
八代万智子片桐多恵子
山本緑京子
佐々木孝丸千田
沢彰謙白木
大東良増田
増田順司島岡
悠玄亭玉介音八
花澤徳衛為造
岡部正純光一
曽根秀介常三
桧有子ひさ
伊藤敏孝
須藤健浦島
北川恵一桑原
石森武雄高木
滝川潤吉村
植松鉄男重さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック