ガリバーの宇宙旅行

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

独りぼっちの宿なし少年テッドは、係員の眼を盗んで、映画館にもぐりこみ「ガリバー旅行記」を見ていた。ところが途中で係員にみつかり、道ばたに放りだされてしまった−−そんなテッドの前に、ゴミ箱の上に捨てられた大佐人形とノラ犬マックが現れ、テッドを元気づけた。三人はそろって遊園地へ遊びに出かけた。が、ここでも係員にみつかり、宇宙館に逃げこんだ。すると、中に飾ってあった石火矢が、花火の破裂でとび出し、三人は石火矢にのって星空にとびあがった。しかし石火矢の火はすぐ消え、森の中に墜落してしまった。そこで三人は映画で見たのとそっくりなガリバーに出会った。ガリバーは森の中で宇宙旅行の計画を練っていたのだった。ガリバーに誘われた三人は一緒に宇宙旅行をすることにした。目的地は「青い星」だ。やがて出発! が、途中一行は、時間を昔に戻してしまう恐ろしい星雲に襲われ、絶対絶命。だが何処からともなく現れた宇宙船が、磁力線でガリバーたちを誘導して難を逃れた。もう目指す「青い星」は目前。ところが、急に三機の宇宙船が現われ一行は一つ手前の紫の星に降ろされてしまった。一行は紫の星の王女さまに連れられて王様のいる王宮に行った。そこでガリバーやテッドたちは、「青い星」がロボットたちに占領されて、この紫の星にみんな逃げてきたのだと知らされた。そしてそのすぐ後「青い星」のロボットが紫の星に攻め込み、王女とマックをさらってしまった。憤然としたテッドとガリバーは力を合わせて青い星のロボットを打ちくだいた。再び青い星に平和がやってきた。−−朝の光に眼をさましたテッドは、あのガリバーに勇気づけられ、また動き出した町へ向かって元気に歩き出した。


解説

「宇宙大怪獣 ドゴラ」の関沢新一がシナリオを執筆、「狼少年ケン ジャングル最大の作戦 おばけ嫌い」の黒田昌郎が演出した漫画映画。作画監督は古沢日出夫。撮影は篠崎文男と林昭夫。


配給東映
制作国日本 (1965)
ジャンル 

1965年03月20日より



スタッフ

演出
脚本
企画
製作
作画監督
撮影
美術
音楽
録音
編集
原画
スチル

キャスト

俳優名役名
坂本九テッド少年
本間千代子紫の星の王女
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)ガリバー博士
堀絢子ノラ犬マック
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)人形の大佐
岡田由紀子使者キューピット
大泉滉紫の星の王様
パラダイスキング紫の星の科学者たち
今西正男青い星のロボット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック