東京五人男

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

横山、藤木、古川、北村、石田の五人は徴用工として東京から遠い軍需工場で働いていたが、終戦と共に焦土と化した東京へ帰って来た。彼等の家は罹災し家族は壕舎生活をしている。そして東京は闇の横行と飢餓と失業の中に喘いで人心は荒んでいた。五人の男は互いに力を合わせ東京復興に努力しようと誓い、前の職場へ帰って行った。都内電車の運転手と車掌である横山と藤木は交通道徳を忘れ無秩序と喧騒に殺気立つ人々を和やかにしようと努力する。石田は食糧配給所に勤めている。今日配給所の運行は全家庭の最大関心事であるのに、実際は無駄な手続きと時間、労力の浪費を必要とし市民生活に非常な不便を与えている。石田はこれを改革し主婦達に出来るだけ便宜を与えようと努力する。古川は薬屋であるが売るべき薬は一つもなく妻を失ったヤモメの彼は疎開中の唯一人の子供のために買出しに出かけ自分の衣服までも脱いで吾が子のため食料を持ってゆくのである。北村は国民酒場に働いているが、酒場の主人は公衆に売るべき酒を胡魔化して金持ちや権力者にヤミで売り私腹を肥やしている。北村はそれを黙認し得ずに忠告するがかえって叱られ酷使された。この様に五人は彼等の町を少しでも住み良くしようと懸命の努力をしている時、金持ちや権力者は悪徳商売や暴力団を仲間に入れて大衆の必需物資を秘かにかき集めて金儲けを企み、その上五人の男を始めとして町の住人達をその町から追い払おうとする。堪忍袋の緒を切った五人は悪徳漢を葬るためがぜん奮起するのである。


解説

「磯川兵助功名噺」の斎藤寅次郎が演出した作品である。


配給東宝
制作国日本 (1946)
ジャンル 

1946年01月03日より



スタッフ

演出
脚本
原作
製作
制作補
撮影
美術
録音
照明

キャスト

俳優名役名
横山エンタツ横山辰五郎
花菱アチャコ藤木阿茶吉
古川緑波古川六郎
柳家権太楼北村達兵衛
石田一松石田松男
戸田春子石田の女房お末
田中筆子藤木の女房お邦
飯田ふさ江配給所に勤める娘初江
小高ツトム古川の子供一郎
鳥羽陽之助軍需工場の社長
石田守衛食糧配給所の所長
永井柳太郎国民酒場の主人
高勢實乗無愛想な百姓
登山晴子百姓の娘
豊原みのり百姓の娘
光一人相の悪い暴力団
谷三平人相の悪い暴力団
江藤勇髭の生えた検査員
原文雄窓口の係りの男
藤間房子耳の遠い老婆
田邊よね子子沢山の主婦
山田長政医者
松川彩子看護婦
大庭六郎校長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック