愉快な仲間(1947)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

若い侍片岡直次郎ときれいな腰元浪路の駆け落ち者が江戸を指して逃げていく。それを眞道無念流の達人金子市之丞が、殿様松平出羽守の命令で追っていく。浪路は出羽守がぞっこんほれこんでたお女中なのだ。市之丞は街道でくらやみの丑松に財布をスリ取られる。丑松の恋女房おゆきはそれを知ってその侍を見つけて財布を返すまでは一緒に寝ないという。丑松おゆきは一緒になってはじめての上方見物の帰りなのだ。舞台は花のお江戸にうつる。下谷練塀小路の裏長屋には河内山宗俊と三千歳夫婦、丑松おゆき、そして世をしのぶ直次郎と浪路が住んでいる。旅篭屋「上州屋」には無一文の市之丞がとまっている。上州屋の娘お八重は宗俊の愛妻三千歳のところへ清元をならいに来ている。そのお八重は親切で、市之丞はお八重にほれこむ。直次郎をさがす市之丞そして財布の主市之丞をさがす丑松、その丑松に力をかし、また直次郎や浪路の力となっている宗俊、宗俊の家へ清元をならいに来るお八重、それにほれてる市之丞、しかしお八重は来月越後屋の若だん那金造のとこへ嫁入りするうれしいころ、とことはめんどうになっている。そのころ江戸詰となった出羽守は芝居見物の折お八重を見そめぜひ城中へ出せと上州屋にきついさた、それを宗俊が聞き、ご門主使者道海僧に化けて城中に乗込み、出羽守をへこまし、上州屋へ引上げて祝い酒、長屋の連中みんな呼ばれて、ここで意外にも、直次郎と浪路を市之丞が見つけこの市之丞を丑松が見つけ、大さわぎとなる。が宗俊の仲裁で、もとはといえば出羽守のわがままから出ていることがわかり、市之丞も直次郎を討つことをやめて侍を廃業してしまう。直次郎も侍をやめて浪路と共に町人となって働くことになり、丑松は女房と一緒にねられるようになる。朝の街道を、市之丞が丸腰で田舎をさしてあるいていく−−お八重は金造と幸せになってくれればそれでいいと思いつつ−−。


解説

「長崎物語」につぐ小倉浩一郎の企画。脚本は「淑女とサーカス」「シミキンの拳闘王」「長崎物語」の斎藤良輔で「淑女とサーカス」につぐマキノ正博監督の正月作品。カメラは「女優須磨子の恋」「淑女とサーカス」の三木滋人が担当する。主演は「象を喰つた連中」「非常線(1947)」「それでも私は行く」の原保美「非常線(1947)」「婦人警察官」「それでも私は行く」の月丘夢路(MSC)で、それに「新馬鹿時代」の古川緑波「誰か夢なき」「幸福への招待」の大河内傳次郎(新東宝)、「生活の樹」「長崎物語」の折原啓子(大映)、「リラの花忘れじ」の村田知英子、その他花菱アチャコ(吉本)、藤井貢、河村黎吉などが共演する。


配給松竹
制作国日本 (1947)
ジャンル 

1947年12月30日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
原保美片岡直次郎
月丘夢路浪路
花菱アチャコ松平出羽守
高田稔北村大膳
大河内傳次郎金子市之丞
藤井貢くらやみの丑松
村田知栄子おゆき
古川緑波河内山宗俊
逢初夢子三千歳
折原啓子お八重
河村黎吉上州屋彦衛門
渡辺篤森田屋清藏
原健策越後屋金造
萬代峰子清藏の女房
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック