春の饗宴

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

窓越しに丸の内界わいの見えるビル街の、ある新聞社の一室。映画演劇の担当記者早坂三平は、今日行われる東京座の百万円クジの当選発表に出掛けるところだった。聞き込んだところでは東京座も、今度の興行を最後に、新興財閥に買い取られるということだった。舞台ではクジ番号を発表している。一体だれに幸運の矢がたつか、−−一〇〇三八四−−のネオンがともったが、だれ一人として申し出るものがない。その番号こそ、この小屋に百枚程割当てられたうちの一つなのだ。電気係神田老人の孫娘、案内係のみよ子だけが緊張した場内で足のふるえがとまらなかった。−−百万円−−彼女の手には固くクジ札が握られていた。今までのつまらぬ紙きれが、みよ子には何か恐ろしい生物のように感じられるのだ。神田老人はあずかったクジ札の、つかい道についていろいろな楽しい夢をえがくのだった。ところが神田老人がハッと気のついた時には、どこをどう探しても見当らないのだ。クジ札の紛失をみよ子につげた時、何故か逆にホッとするのだ。−−やっぱり持ちつけん金などは持たぬ方がよい−−とあきらめた途端、パラリと床に落ちたのは皮肉にも、そのクジ札だったのだ。もうだれにもかくしている必要はなかった。一同はその百万円を、身売りする劇場のために使うことに決心していたのだ。その特ダネをもった三平は締切間際の本社に急ぐのだった。


解説

「新馬鹿時代」の山本嘉次郎がみずから製作、シナリオ、演出を担当する正月作品。「銀嶺の果て」の瀬川順一が撮影「見たり聞いたりためしたり」の服部良一が音楽をそれぞれ担当している。「わが愛は山の彼方に」「雲は天才である」(製作中)の池部良「こころ月の如く」(東横)「淑女とサーカス」(松竹京都)につぐ轟夕起子(MSC)が主演「面影」(製作中)の若山セツ子、ジャズシンガーの笠置シヅ子、橘薫のほか「第二の人生」につぐ終戦後第二回出演の藤原釜足、谷間小百合、新人相原巨典らが共演している。


配給東宝
制作国日本 (1947)
ジャンル 

1947年12月30日より



スタッフ

演出
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
池部良早坂三平
河村弘二岸田和夫
谷間小百合安田とも子
坂内永三郎社会部次長
轟夕起子三村珠子
笠置シヅ子淡島蘭子
橘薫橘薫
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)神田老人
若山セツ子 (Setsuko Wakayama)孫娘みよ子
深見泰三支配人田中
福地悟朗司会者
渡辺忠雄指揮者
相原巨典進行係
鈴木左衛門楽屋番
進藤英太郎山岡三造
戸田春子おかみさん
立花満枝芸者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック