盤獄江戸へ行く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

世の不正に抗しつづけ、真理を求めて生抜く阿地川盤獄に、好意を寄せているお稲の兄大三郎は幕府学問所の新井南圃門下であったがその著書が「抗幕」という名目で切腹を申付けられた。納得のゆかぬ盤獄は直ちに新井派をおとし入れようとする編さん所の支配役佐竹の邸を訪れたが、用人野々宮一徹に門前払いを食わされた。結局盤獄は新井門下に入って、学問によってこの不正を解決しようとする。まもなく佐竹の師総裁柏木泰山は更迭されて、新井南圃がその後を継いだ。武士上がりの盤獄は昨日に変わる今日の用心棒となって野々宮一徹の職を踏襲させられることになった。折角の向学の念はこうしてざ折されてしまったのである。げん滅……だが盤獄を追って江戸に上って来たお稲の笑顔はどれだけ彼を慰めた事であろう。ところがお稲の宿の植繁は彼女の美貌に名をつけ、阿部相模守に侍らせようとして大宴会を催す。これを知った盤獄は激怒して、その席上にかけつけるが、いかんせん衆寡敵せず、まさに危機に見えた時「おれが、後を引き受けた」と敵、味方を離れた野々宮一徹の勇気が、二人を救った。秩空の晴渡った街道を二人は、心も軽く歩きつづけていると、路ばたで遊んでいる子供の姿が見える。殿様になった一人の子供に土下座する多くの子供の姿……「ああ武士がそんなにえらいのだろうか」盤獄はまた憂うつになってしまった。


解説

「颱風圏の女」につぐ小川記正の製作でC・A・C第二回作である。二年越しに持越された白井喬二原作の『盤獄の一生』の第二話を(第一話は昭和八年日活の山中貞雄作品)新東宝・CACが提携でとりあげた。「桜御殿」「ぜったい愛して」の八尋不二が脚色、監督は「幽霊曉に死す」につぐマキノ正博。大河内傳次郎の主役に大映より嵐寛寿郎、それに轟夕起子、月丘夢路(M・S・C)が共演する。


配給新東宝
制作国日本 (1949)
ジャンル 

1949年03月08日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
大河内傳次郎阿地川盤獄
月丘夢路お稲
加東大介兄大三郎
嵐寛寿郎野々宮一徹
香川良介新井南圃
清川荘司佐竹力
杉狂児阿部相模守
鳥羽陽之助植繁
田端義夫投げ節新三
轟夕起子蘭子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック