地獄の貴婦人(1949)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

国破れて三年半、荒廃した国土にインフレーションが吹きすさんで、産業の復興は遅々として進まない。即ちインフレーションの最大の原因、財政収支の均衡化に税務当局は、脱税摘発に「Tメン」を組織した。所は藤村産業のビル前。警官隊と合体した「Tメン」の一団、吉岡、加納、三原ら達が事務所内の帳簿の査察をやっているが、問題の二重帳簿が手に入らない。折しもこの社の社長藤村が入ってくるが、彼は意味ありげに笑いながら彼等たちを追い返してしまう。しかし経済新聞の立花は藤村にしつこくつきまとっている。一方中央党の幹部南郷は元伯爵壬生夫人と恋愛関係にある。また藤村も彼女を狙っている。南郷と藤村とは、切っても切れない「金」というつながりを持っている。政党と藤村産業の因縁は、壬生夫人と「二重帳簿」を中心に次第にもつれ始まった。これを察知したのが新聞記者立花である。彼は「Tメン」の吉岡達と協力して二重帳簿の行方の捜索を開始したが、怪漢藤村はなかなか証拠を暴露しない。突然、記者立花があるポイントをつかんだらしい知らせを残して行方不明となってしまった。「Tメン」と警察とが一大行動を開始した。ちょうど藤村達は、中央党の運命を担っている南郷は、金と女に苦しんでいた。藤村は金の力で思ったことは何でもやる性分だ。遂に藤村は南郷から壬生夫人を連れ出す。熱海へ、だが南郷としても壬生夫人をあきらめきれない。彼等の後を追って熱海へ、更に彼等たちを追って「Tメン」の面々。警察の一隊。遂に立花の他殺の死によって藤村に足がつき、更に、南郷、壬生夫人の心中によってすべてが解決して行った。「Tメン」達は「これからが大切だ」とつぶやくのであった。


解説

東宝争議後、新たに出発したユニットプロ、松崎啓次、田中友幸製作による作品で黒澤明、西亀元貞協同脚本「タヌキ紳士登場」以来の小田基義が久方ぶりに監督に当たる。撮影は「地下街二十四時間」「春の目ざめ」の中尾駿一郎が担当。出演者は「破戒(1948 木下恵介)」の小沢栄太郎、「すいれん夫人とバラ娘」の龍崎一郎、「四人目の淑女」「青い山脈(1949)」の木暮実千代をはじめ「炎の男」の河野秋武、「新妻会議」の徳大寺伸、「女の一生(1949)」の志村喬、高田実らが助演する。


配給東宝
制作国日本 (1949)
ジャンル 

1949年03月15日より



スタッフ

演出
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)藤村
龍崎一郎南郷
木暮実千代 (Michiyo Kogure)壬生夫人
河野秋武立花
志村喬査察部長
高田実土居
徳大寺伸吉岡
信欣三加納
久松保夫三原
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック