足を洗った男

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸、蔵前の札差伊豆方の一人息子金四郎は、お秋という女と知り合い、親達の反対を押し切って夫婦になり家を出て新内流しになって暮していたが、旅の空でお秋は重い病に冒され、金四郎の必死の手当の甲斐なく金四郎の幸福を祈りながら安らかに死んで行った。お秋に先立たれた金四郎はぼう然とした身をいつか江戸に近い品川の宿場に現わしたが、たまたまこの宿場の一隅の居酒屋「花柳」ののれんをくぐった瞬間、彼の五体に再び血しおのたぎる様な偶然に出会った。それはこの「花柳」のお内儀が余りにも片時も忘れ得ないお秋の姿に生写しだったからであった。金四郎はそのままこの宿場にくぎ附けになってしまった。金四郎が「花柳」に通ううちこの家を隠れ家に数人の悪人達が悪事を企んでいることをかぎつけた。お秋の死に、やくざ稼業の足を洗った金四郎は、御用聞の梅吉や目明しの弥吉の味方となって、悪人逮捕の重要な片棒をかつぐ事になった。事件を段々ほどいてゆくと、意外にもその悪事の張本人はお秋を夢に描かしてくれたお妻であった。委細を覚悟して金四郎の前に身体を投げ出したお妻ではあったが、金四郎はお秋をしのんで美しい思出を持たしてくれたお妻を自身なわ打つに忍びなかった。そしてお妻一味は弥助の手で逮捕されたが、お妻は金四郎の女の心を突く純真な心に打たれて、初めて本当の女としての生き方を知った。時の名奉行遠山金四郎が、たまたま伊豆方の一人息子金四郎と瓜二つである事や、札差しという親代々の家業が事件を解くかぎを与えた事で、すっかり奉行の金さんと思いこんでいた梅吉親分もやっと蔵前でみた伊豆方の金四郎と解った時、金四郎はお秋の位牌をいだいて、あてもなく消えて行くのであった。


解説

「平次八百八町」につぐ新演技座作品で、下加茂時代長谷川一夫の作品を多く監督した冬島泰三が、数年振りで脚色監督を担当。主演の長谷川一夫は新東宝における「平次八百八町」につぐ自主作品。相手役には新東宝の山根寿子が「四谷怪談(1949)」についで出演。その他「小判鮫・前篇」「小判鮫・後篇」「平次八百八町」の長谷川裕見子「愁海棠」「晩春」の桂木洋子「びっくり五人男」の渡辺篤「母呼ぶ鳥」「野良犬(1949)」の河村黎吉らに映画に久し振りの小林重四郎が出演。


配給新演伎座
制作国日本 (1949)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1949年10月02日より



スタッフ

監督
脚色
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫金四郎
山根寿子お妻
山根寿子お秋
桂木洋子お糸
長谷川裕見子お才
渡辺篤大橋三左衛門
河村黎吉弥助
瀬川路三郎偽の御用聞
伊志井寛湯島の梅吉
村田正雄 (Masao Murata)分銅屋の隠居
市川團升矢柄玄朴
伊藤雄之助畔倉源十郎
中村福松番頭住兵衛
小林重四郎疾風の辰
小堀明男鳶の寅松
進藤英太郎按摩竹の市
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)お鹿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック