情熱のルムバ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

かつての名門の娘、薬王寺旬子は、リリイ・花園と名のってキャバレーの歌姫となり、母と二人の生活をささえている。昼はW大学の美術科に学んでいたが、キャバレーのバンドマン宮原は旬子のそんな半面の生活は知らず思慕の情をよせていた。しかしある夜彼女をねらっている新興会社の社長三輪に無理にさそわれホテル迄同行したのをW大学の同級生に見られ、醜聞をふりまかれたことから、理解ある平野助教授が引きとめたのにも関わらず、資産家の息子穴倉敏明と結婚してしまった。しかし、旬子は結婚は、生活水準を維持する一種のアルバイトだという見解から、夫に肉体の自由を許さなかった。従って名ばかりの夫婦の間は日一日の冷たく、醜い争いがつづいた。そうした時、平野助教授は京都奈良の古美術研究に旬子を誘い、旬子の不自然な結婚生活を清算して自分と結婚してくれるように説くのだったが、京都の宿では計らずも宮原に逢い、旬子の心は一層みだれた。そこへ、事業の失敗その他で自棄になった穴倉もやって来て、醜い争いとなったが、旬子はのがれて母の許へ帰り、自分のあやまった生活を解決する決心をかためた。その矢先穴倉が列車からふり落とされ入院したと聞いて駆けつけるが、夫の傍には秘書の新井俊子が甲斐々々しくつきそっていた。悪夢からさめたような穴倉は、旬子も正しい愛情を求めて幸福になってくれるようにと願うのだった。


解説

大林清の原作を「お嬢さん罷り通る」の長瀬喜伴が脚色し、「女性三重奏」の佐々木康が監督している。製作は「長崎の鐘」の小倉武志である。出演者は、「真珠夫人 前篇」の高峰三枝子、「奥様に御用心」の若原雅夫、「帰郷(1950)」の徳大寺伸、「女優と名探偵」の西條鮎子、「えり子とともに」の山村聡、その他清水一郎、桜むつ子、吉川満子、岡村文子、高橋貞二などが主な助演者である。


配給松竹
制作国日本 (1950)
ジャンル 

1950年12月29日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
高峰三枝子薬王寺旬子
若原雅夫宮原武治
徳大寺伸穴倉敏明
西條鮎子新井俊子
清水一郎三輪重信
桜むつ子内堀みゆき
吉川満子旬子の母智子
岡村文子叔母弘子
山村聡 (Soh Yamamura)平野助教授
高橋貞二学生桐野
大坂志郎学生谷本
土紀就一学生村井
安部徹 (Tooru Abe)西脇
羽山惠子看護婦
折田衣子女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック