ザクザク娘

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

村ののど自慢大会ではいつも三つの鐘を鳴らす田村シズ子は断然意を決して上京、交番のお巡りさんにきいて、浅草の「歌と踊りの殿堂」と看板の出た劇場支配人室へ押し入ったが、そこはストリップ劇場。雇ってやるというのをふり切って逃げだしたが、さて途方にくれていると、先刻の劇場へ自分の作曲を売り込みに来ていた三吉に救われ、三吉の先生で流行作曲家中川好夫の家の女中に住み込むこととなった。書生をしている三吉と意気投合、歌にあけくれたが、朝から晩まで大口あいて歌っている女中には中川も閉口した。しかし中川が昔からの恋人花江をすててレコード会社の社長の娘和子と婚約することを知ったシズ子と三吉は憤慨して、和子とは瓜二つの照子という娘を探し出して来て、披露式をめちゃくちゃにして中川の家を追い出されてしまった。その日から花江のアパートへころがり込んだ二人は、生活のため街を流して歩くことになったが、三吉が中川の家で拾いためた中川の作曲の反古に歌をつけてシズ子が歌い出してから大当たりをとり、大劇場に買われることになったが、困ったことに反古は品切れ。そこで三吉は中川の新しい作曲を盗み出して、これで急をしのぐことになった。当日は大へんな盛況、しかもシズ子の歌は人々を熱狂の渦に巻き込み、来合わせた中川も、我を忘れて三吉のタクトを取って自ら指揮台に上った。シズ子の成功は人々に旧怨を忘れさせ、中川と花江を更めて結んだばかりでなく、一同そろってアメリカへの歌の旅に出ることになった。そして晴れて帰朝、再び大劇場で、シズ子たちの歌の饗宴はくりひろげられるのだった。


解説

製作は「帰郷(1950)」の小出隆、脚本は同じく「帰郷(1950)」の池田忠雄に、柳井隆雄、中山隆三、光畑碩郎が協力、監督はやはり「帰郷(1950)」に次ぐ大庭秀雄である。音楽は、服部良一が担当している。出演者は、最近服部良一等とアメリカの旅から帰朝した笠置シヅ子に、「情熱のルムバ」の若原雅夫、「とんぼ返り道中」の堺駿二の他、高杉妙子、服部富子、河村黎吉、日守新一、磯野秋雄、山本和子、照子の双児姉妹などである。


配給松竹
制作国日本 (1951)
ジャンル 

1951年01月28日より



キャスト

俳優名役名
笠置シヅ子田村シズ子
若原雅夫中川好夫
堺駿二木島三吉
高杉妙子伊沢花江
南進一郎三好草平
山本和子三好和子
日守新一河田新作
磯野秋雄掛川(小劇場支配人)
服部富子吉野夏子
河村黎吉甚助
山本照子照子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック