中山安兵衛

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

堀内道場の四天王中山安兵衛は、その生一本の純真さを見こまれて、息子を夭折させた菅野六郎左衛門と伯父甥の契りを結び老夫婦の愛情によって、天涯孤独の淋しさを慰められていた。いま一人彼の心の友は、余りの清廉さのために浪人になり、妻に去られた細井広沢との交遊だった。六郎左衛門は安兵衛の仕官のことも心配するが、それも安兵衛の武骨さが失敗させた。ある朝、突然、菅野老人が村上兄弟の恨みをかって果たし状をかけられ、高田の馬場にいることを知らされて、安兵衛は駆けつけた。村上三兄弟を見事に斬ってすてたが、菅野老人も傷を受けて絶命した。人々は安兵衛を英雄だともてはやしたが、安兵衛の心は淋しかった。菅野老人の遺骸を葬う人の群を抜けて、高田の馬場へ来て見ると、そこにも息子達の死を悲しむ村上兄弟の父親の姿があった。安兵衛は激しい無情感に襲われ、自分に好意を寄せる呑み屋の女小雪の追いすがるのを振りはらって、夜道をいずこへともなく去って行った。


解説

中山義秀の原作より、「大利根の夜霧」の佐伯清と、その原作を書いている友田昌二郎が共同で脚色に当たり、佐伯清が同じく監督に当たっている。主演者は、「鬼姫しぐれ」の嵐寛寿郎に「春風無刀流」の花柳小菊がつき合い、それに、「お艶殺し」の瀧花久子、「熱砂の白蘭」の河津清三郎、「続佐々木小次郎(1951)」の東野英治郎、清川荘司などが助演している。


配給新東宝
制作国日本 (1951)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1951年04月01日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
嵐寛寿郎中山安兵衛
東野英治郎 (Eijiro Tono)菅野六郎左衛門
瀧花久子妻そで
澤村昌之助若党左次兵衛
永井柳太郎仲間甚内
横山運平下僕杢助
花柳小菊小雪
北見禮子小春
多瀬まゆみ小梅
浅野進治郎 (Shinjiro Asano)村上市郎兵衛
清川荘司村上庄左兵衛
伊藤雄之助村上三郎左衛門
春日清中津川祐範
杉寛丹沢孫太夫
江見俊太郎子息生馬
小島洋々堀源左衛門
河津清三郎細井広沢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック