獣の宿

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

湖畔のホテルに、人を殺して来た健が逃げ込んで来たが、ホテルの支配人弥造は無頼の徒であった前身を知る健を追い出すことが出来なかった。そして健の轢き逃げした老婆のことで小谷巡査がたずねて来たときも健のことを訴え出ることが出来なかった。弥造の孫娘由紀はそれを不審に思い真相を知ろうとしたが、健は彼女の清純な美しさにひかれ、これを獣欲の犠牲にしようとしたが果たさなかった。健の身代わりになった弟分次郎の情婦ユリは次郎を救って貰おうと健を訪ねて来て却って彼に犯され湖に身を投じて死んだ。そのことから警察が動き出し健の身辺が危うくなったので、由紀の案内で死んだ老婆の家にかくれた。そしてそれを機会にまた由紀を襲おうとしたが、その場に来合わせた弥造は、掌中の珠としている由紀の純潔がけがされたものと思って、健を湖上におびき出して猟銃で撃ち殺した。湖畔で釣りをしている小谷巡査の傍に、弥造は立って、健を殺したことを告げ由紀のことをくれぐれも頼むのだった。


解説

製作は「怪塔伝」の小倉浩一郎。藤原審爾の小説新潮に連載した小説「湖上の薔薇」から「殺陣師段平(1950)」のシナリオを書いた黒澤明が脚色し、「黒い花」の大曾根辰夫が監督に当たっている。出演者の主なものは「白痴」の志村喬、「怪塔伝」の鶴田浩二、「少年期」の小林トシ子、他に藤原釜足、清水将夫、毛利菊枝などの脇役陣それに新人岸恵子が重要な役で出演している。


配給松竹
制作国日本 (1951)
ジャンル 

1951年06月08日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
志村喬弥造
岸惠子 (Keiko Kishi)由紀
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)
小林トシ子ユリ
有島一郎
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)小谷巡査
清水将夫田部警部
山口幸生刑事
毛利菊枝花売り老婆
岩波キクコ
青山宏山田
村上記代女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック