泣きぬれた人形

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

隆治とアヤ子の兄妹はガード下の部屋に貧しいながら仲睦まじく暮らしていた。しかし、従兄の横沢は密輸をやっていて、隆治が貸した金を催促に行ったときに事務所に警察の手入れがあり、隆治も一緒に拘引された。タクシーの運転手の山田老人は、一人残された幼いアヤ子の面倒を見てやろうとするが、彼も貧しく家族が多いので、アヤ子はいたたまれず街へ出てさまようのだった。その時相川君子というスリの女と知り合って、そのアパートに泊めて貰った。キミ子はインチキ・ウイスキーを密造している由造夫婦の手先に使われていたが、同じ仲間の川島は音楽家くずれで、歌の好きなアヤ子に歌を仕込んでくれた。釈放された隆治は、アヤ子の歌声をたよりに居所を探し出してアヤ子を連れ戻したが、由造たちはアヤ子の歌で一儲けしようと考えていたので、またアヤ子を誘拐してしまった。君子はアヤ子兄妹を知ってから甦生を決心するが、隆治は妹や君子を悪人共の手から救おうとして、由造たちが、倉庫の荷物を盗み出すことの手助けを承知し、警官隊の弾丸に射たれた。山田老人は隆治を家まで運んでやったがアヤ子や君子の将来の幸福を祈りながら、二人に見まもられながら息をひきとったのだった。


解説

製作は「怪塔伝」の小倉浩一郎。「エデンの海(1950)」の植草圭之助に穂積純太郎が協力して脚本を書き、「若い娘たち(1951)」の千葉泰樹が監督に当たっている。出演者は「どっこい生きてる」の岡田英次、「父恋し」の美空ひばり、「美しい暦(1951)」の桂木洋子に、千石規子、藤原釜足、杉狂児、進藤英太郎などが出演している。


配給松竹
制作国日本 (1951)
ジャンル 

1951年05月19日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
岡田英次 (Eiji Okada)隆治
美空ひばり (Misora Hibari)アヤ子
桂木洋子きみ子
杉狂児山田老人
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)川島
進藤英太郎由造
千石規子 (Noriko Sengoku)おちか
三井弘次スリの繁
木村功野峰
田中謙三横沢
中田耕二鋳掛屋健吉
玉島愛造工場主
大川温子鋳掛屋の妻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック