ホープさん

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

風間京太は慶法大学野球部の万年補欠選手だったという肩がものをいって見事昭和鉱業株式会社へ入社が出来た。入社早々寮で一枚看板の背広を盗まれた京太は仕方なく野球のユニフォームを着て出航すると、秘書課の茂木老人の娘で、京太と机を並べている若子さんが、亡き兄さんのかたみだという背広をくれた。京太は若子さんに一種の感情を抱くようになった。しかし日本製鉱との対抗試合に京太がピンチヒッタアで出て活躍、昭和鉱業が優勝すると、秋庭社長の令嬢惠美子は急に京太に関心を示し出した。そして京太は社長のお伴して新潟へ出張した。京太は社長夫人から旅先に於ける社長の監督を頼まれ、八方心を使った甲斐なく、社長は前吉川社長の馴染芸者ひょうたんと新潟でねんごろになり、東京のアパートに囲った。それが社長夫人の耳に入り大騒動となったが、折から吉川さんはパージがとけて社長に復帰、秋庭さんもひょうたんどころでなくなり、ひょうたんは佃煮のお土産をさげて淋しく新潟へ帰って行った。吉川社長は社内改革にのり出し、人員整理をするという噂に、サラリーマンの哀しさ、それぞれ自分の首に自信のない連中は街のビヤホールで名残りの宴を張った。京太と若子はその連中から抜け出し、公園ではじめての接吻を交わした。茂木老人に二人の結婚の許しを得ようと若子の家へ行って見ると、老人はクビになり、京太は老人に代って秘書課へ栄進していた。恋と出世が一度に来たが、京太は茂木老人のことを思うと他人ごとならぬ気がして、サラリーマンの哀しさをしみじみ味うのだった。


解説

「若人の歌」の藤本真澄の製作で、雑誌「オール読物」掲載の源氏鶏太の原作から、「夜の未亡人」の脚本の山本嘉次郎と「若人の歌」の井手俊郎とが共同で脚色し、「悲歌」に次ぐ山本嘉次郎の監督作品。撮影は「舞姫(1951)」の中井朝一。音楽はNHKの日曜娯楽版の冗談音楽で知られた三木鶏郎が受持っている。出演者は「戦後派お化け大会」の小林桂樹、宝塚雪組の高千穂ひづる、「東京河童まつり」の関千恵子、「天狗の安」の花柳小菊に、東野英治郎、志村喬、沢村貞子、石黒達也、伊沢一郎、井上大助などである。


配給東宝
制作国日本 (1951)
ジャンル 

1951年10月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)風間京太
三好栄子京太の母
東野英治郎 (Eijiro Tono)茂木老人
高千穂ひづる娘若子
大森義夫若子の兄一郎
志村喬秋庭社長
沢村貞子夫人安子
関千恵子娘惠美子
石黒達也成田専務
深見泰三総務部長
伊沢一郎先輩田端
井上大助給仕大助
花柳小菊芸者ひょうたん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック